へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム雑日記。ライブドアブログから移転してきて日が浅いです。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

へたれゲーム貴族が選んだ平成のベストゲーム

ちょっと前に平成最後の更新とか書いてた気がするがまあいいか。

早いものでもう明日は新元号元年。
平成のゲームから遠ざかってしまった人がなにかのキッカケで令和のゲーム体験に夢中になれますように。
令和に生まれた人が平成のゲームに出会って最新のゲームにはない妙味を楽しんでくれますように。

さて、概要はタイトルの通り。でもこれは決して平成に発売した数多くのゲームの中からよりゲームとして優れているものをチョイスしたわけじゃない。またやり込み時間が極度に長かったり極め尽くしたといったゲームをチョイスしたわけでもない。日常においてそのゲームの事を考える時間が長い、長かったとか、普段の挙動に影響があったとか(えー…やば…)、そういったゲーム外での影響も考慮して、自分が自分のためだけに決めた一本を挙げていくだけの平成の締めくくりの雑記だ。

家庭用ゲーム機ベストチョイス

LIVE A LIVE (SFC) 平成6年9月2日発売 スクウェア

f:id:sizaemon:20190430180121j:plain

個性的で魅力的なキャラクター達によるオムニバス形式RPG。笑いあり涙あり熱血あり残酷あり、早解きもやり込みも楽しい。たった一本のゲームが七色に変わる姿を見せてくれた衝撃は計り知れなかった。家庭用ゲーム機からは迷わずにLIVE A LIVEをベストチョイスです。

PCゲームベストチョイス

The Elder Scrolls V: Skyrim (Win) 平成23年11月11日発売 ベセスダ・ソフトワークス

f:id:sizaemon:20190430193650j:plain

オープンワールドゲーム。世界を救ってもいいし、野盗や暗殺者といった外道に身をやつすのも自由。一応8年くらい前のゲームなんだけど、映像こんな綺麗なんだよ。うわっなんだこれ現実か?プレイ開始から暫くは野山を歩き回ったり薪を割る仕事をしていただけだがそれでもゲームだと気がつくまで三日間かかった。完成された世界観から繰り出される作中の用語とかキャラとかアイテムとか魔法とか全部お洒落でカッコイイ。スマホのロック画面もPCの壁紙もずっとskyrim。そろそろ変えようかな。

オンラインゲームベストチョイス

Ragnarok Online (Win) 平成14年12月1日運営開始 グラビティ

f:id:sizaemon:20190430184853j:plain

オンラインゲームはマニアな人間のためのゲームといったイメージがこの頃運営を開始したポップなタッチのゲームで確実に変わった気がする。ROもそんな作品の一つ。画面内で動くキャラクター達はNPCではなく人間が操作するキャラクターです。その事実を知った時、常識が彼方に置き去りにされてしまった。ネトゲなんだから当たり前だろとか思うかも知れないが当時は実際目の当たりにするまで信じられなかった。三鯖時代のごく初期からのプレイヤーだが実は友達の家のPCでやってた。PC持ってなかったからね。僕はこのゲームをやるためだけにPCが貰える学校のPCが貰える学科に進みました。ROをやるために。いやー人生変えられたね。めちゃくちゃに。


モバイル向けゲームベストチョイス

グランブルーファンタジー(Google Play/iOS/ブラウザ)平成26年3月10日 Cygames

f:id:sizaemon:20190430180639j:plain

凄いよこのゲームは。より強い敵を倒す為に強い敵を倒す、いわゆるハックアンドスラッシュの様式をゲームの主軸に据えてここまで大ヒットしたんだから。ハクスラ様式のRPGはオタクのジャンルだったんだぞ。電車でグラブルやってる人結構見かける。ほんと凄ぇよ。仕事が修羅場で終電が続いた日、グラブルだけはどうしても一時間でもいいからやりたくて終電乗らずに近くのホテルに泊まってたくらい実生活を侵蝕してきたゲーム。

アーケードゲームベストチョイス

ロード オブ ヴァーミリオン(AC)平成20年6月17日 スクウェア・エニックス

f:id:sizaemon:20190430180708j:plain

読んで頂いた人からこのゲームだけ知らないぞ?という反応が結構あったので追記。ゲームセンターの専用筐体上でリアルカードを操作し、戦闘をしつつ相手の施設の破壊を目指すことが勝利目的となるストラテジーゲーム。
組んだデッキによって、戦闘一辺倒で勝利を目指すか、なるべく戦闘を避けて施設の破壊に注力するかといった様々な戦略・戦術が生まれ、奥深い遊びを提供してくれる作品だった。
全体的なイメージとしては三国志大戦に近い。

僕の様々な人生体験や今日に至る対人関係の端を開いた作品。人生で一番本気で勝とうとしたゲーム。色々足りてなくて目指すような戦績にはならなかったけどね。まぁでもこのゲームに関してはそういったちょっと自分の足りてないバカっぽいところも実は助けになったんじゃねえかなって思ったり。こいつあんま強くないし結構バカだからゲーセンで構ってやるか、って感じに優しくしてくれた人もいるでしょ。それはほんと有り難い事だよ。このゲーム関連では個別に名前を挙げられないくらい数多くの人に感謝しています。おい、誤解ないように言っておくと平成で一番面白いアケゲーはHalf-life2svだからな。おい誤解するなよ。知っていますか?ロードオブヴァーミリオンストロング脳筋膝パンスタイルを…椅子には座らずズボンは膝まで半分脱げていて、鍛えた腕から単スマを出す…。それがストロング脳筋膝パンスタイル。


おわり。

元号が変わったからといって、5月1日から急に名作ラッシュが始まったりゲームの質が高くなったりするわけじゃないよ。令和元年に発売するゲームはまだ平成で作ってんだから。でも5月1日以降に発売するゲームはそれはもう令和のゲームなんだよな。歴史の前と後ろどっちに乗るかって違いくらいしかねーけど。



たまたま令和が俺が生きてるうちに終わって、まだ情報発信の場があって、まだ俺がビデオゲームを趣味として続けているような、そんな奇跡が3つ重なったら死ぬ前にへたれゲーム貴族が選んだ令和のベストゲームでも書こうかな。


まあとりあえず早いうちに真・女神転生Vが出てくれますように。
おしり。