へたれゲーム貴族

そうだ。Aボタン押そう。

ウルトラ怪獣モンスターファーム クリア感想

"ウルトラ怪獣モンスターファーム"
エンディングまでクリアいたしました。

本作発売の第一報を聞いた時には「え?」となりました。
なんだそのコラボ?!って感じで……。

実際にプレイしてみるとこれが令和に蘇った正統なモンスターファームの続編であることが分かりなんだか不思議な気持ちに。ウルトラ怪獣、だけどモンスターファーム。未だに何か怪しげなを見ているかのようです。


怪獣の誕生には楽曲のデータベースを使うのがスタンダードな方法で、他にICカードをコントローラーで読み込ませて再生することも可能。
楽曲名にちなんだ怪獣が出てくるとの報告もあり、相変わらず小ネタの仕込みが半端ない。




もうあちこちホントにね、モンスターファームまんまなんですよ。
従来の育成方法やバトルのテクニックがそのまま通用する、面白いくらいに今までと同じです。
『ふたごの水さし』『アルテミス像』といったモンスターファームファンならニヤリとしてしまうアイテムもガチでそのまんま登場してカララギマンゴー噴きました。

重ねて言いますが正真正銘本物のモンスターファームで、UIやら含めてゲームのプレイ感はほぼ変わっていないです。
一度攻略した大会では勝敗結果が簡単に出るモードを選べるといった細やかな令和チューンナップが施されているのは嬉しいところ。


また、ーボタンを押すと前週の育成に対する細かい数値が見えるようになったのも見逃せない仕様変更。
バリバリのデータ派お兄さんお姉さん方には嬉しいところ。
スマホ版の前作は疲労度の管理とかをわざわざExcelでやってたくらいにハマっていたので、数値が可視化されたのはありがたいですね。



一部ですが旧作のモンスターを育成することも可能で、シリーズファンへのサービスも忘れていないところがニクイです。
モッチーカワヨ~~。


細かいところだけど、育てる怪獣によってはゲキリンまわりの数値がシビアですぐに暴走しファームバキバキに破壊してくるので、ファームの経営が軌道に乗ってアイテムを惜しみなく使えるようになるまではやや難しめかなと感じたり。

後はやはり本腰入れて育成となると毎週アイテム与える育成になり、そのあたりのテンポ感も今までと笑えるくらい同じなので一部に演出スキップがあると良かったかもな、と思ったり思わなかったり。
追加要素のクッキー焼きも1枚ずつ焼くのが面倒なので10枚くらい連続で焼けると良かった。
まあそこまで気にはならない。

とりあえずまとめると本作は令和に復活した正真正銘本物のモンスターファームなのでモンスターファームがやりたい人は気軽に手を出して良いと思いました。