へたれゲーム貴族の躁鬱

なんでもかんでもゲームに紐づけたがるゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

君が語る言葉は本来、意味がないものでよかった

インターネットが僕らの日常へガンガンに進出してきたおかげで、ネットを通してあらゆる情報を見聞き出来る時代になったのはもうだいぶ前。現在はよりリアルタイムに、よりスピーディに、様々なモノに触れる事ができるようになった。

ネットに繋げば面白いコンテンツが山ほどあり、それらのジャンルの最高峰へ簡単に触れる事さえ出来る。最も売れた小説を買う…最も再生数の多い●●ジャンルの動画を見る…最も上手いゲームプレイヤーのコラムを読む…などといった形で。昔に比べてあらゆる創作者と発信者は、常に頂点と比較されるリスクを孕みながらアウトプットを続けている。

ブロガーの皆さんは意識していやしないだろうか。せっかく記事を書くのだから、読んでくれる人の時間を取るのだから、少しでもタメになる何かを発信しないと、と。
日々ツイッターを発信する皆さんは気にしていやしないだろうか。
旨いメシ屋の情報だとか、お得な情報だとか、そういったちょっと有益な呟きを心がけようかな、なんて。

絵を描く人でも文字を書く人でもなんでもいい、いちいち有益か無益かなんて、考えちゃいないだろうか。

もちろんこういった事に思いを馳せる事は全く悪い事ではないし、本質的にはとても良い事である。考えた結果質の良いアウトプットが続けば、それが趣味だろうと何だろうと生きていく上でプラスの方向に作用する事は間違いない。

けれどインターネットが広がりSNSが広まり、この大きな海の中で、少しでも他の良質なコンテンツと比べて遜色無いものであらねばならないという思いで、発信の二の足を踏む事はないだろうか。



…僕はブログに関しては少しある。
ツイッターを始めてからブログをあまり書かなくなったが、ツイッターにハマっているので書く事が無いという様な理由ではなく、上述のそれが全ての理由だ。

ネット上での人となりを知るのにツイッターがこれ以上ない十全な機能を果たしている今、ブログというのはワンランク堅苦しい"読み物"のようなポジションになっているのではないか。そしてブログは方向性は様々であれど、せめて読み物として耐えうる内容を求められているのではないか。………そんな事を考えてしまい、キーボードを叩くのを止めてしまう事が数えきれないほどある。

10年前は一切気にも留めなかった事だ。ブログ以外に発信する場所が無かったから。
その証拠に僕の学生の頃のブログは、全く意味の無いどーーーーーしようもねえ記事で溢れている。

「お支払いは肉、肉で!え、肉…肉忍者、知らないの?さては貴様ww伊賀ww伊賀者でござるなwww」とだけ書かれた記事さえあった。内容が無さすぎる。猿のツイッターかよ。


そこでふと思ったのだ。
ブログの内容なんて、そんなんでいいんじゃねえかなと。


きっと他の事だって同じだ。
良くしようと思う事は悪い事ではない。だけど、良くないから発信するのをやめとこう…ってのを気にするような事はしなくていいんじゃねえの、と。

"他と比べて見てくれがよくないからやめとこう"
"他と比べて中身が無いからやめとこう"

そんな気持ちで発信を思いとどまる全ての人に、少しばかりの勇気が届けばいいな、と思う。

何かを作る。
何かを伝える。
文字を書く。
絵を描く。
それらもきっと、同じこと。

マ、マスをかく………あ!!!!!
!!!!ッッッやッッッばおちんちんが!
急に僕の手を乗っ取ってタイピングしだした!!
こげなに違いない。
隠れてないで出ろ!!!!出ろ!おじゃる!麻呂!!!

どうしよう…ただブログをつけていただけなのに、脳の中に公家が、公家が入ってきて退かないんです。

Yahoo知恵クプロに相談するべきかな?V[Another]Sラン池袋モアイ片手プレイですか?
ご回答をお待ちしております。
あ!君、君さ……実はさ…君だけに教えるマル秘のハッピーインフォメなんだけどね…
じ、実は、ここだけさ…2005年くらいのインターネッツなんだ…ね、ねえ…君は…ニュー速のコテ、誰を推す…?


俺はね……魔少ね────
───ーン
バレンタインデーって本当にクソだよな。
はいはい、ウウウ、オアアー。おわりおわり。のたり祀ろう(松太郎のタイプミスですが直さないでそのままにしました)。

つづくない。

ぼくとろぶ。

主にlov1,2の話です。シリーズがサービス終了して暫く経つので、思い出として。ただの自伝のようなものです。



2008年の7月9日、夏の日の事だった。
社会人1年目の僕は慣れない夜勤と、右も左も分からないうちに詰め込まれる業務知識に早くも心が磨り減り始めた頃。

友人から「スクエニがゲーセンの新作カードゲームを出した。イケてるらしいのですぐにやるべきだ」という旨のメールを受け取ったのは会社の健康診断に向かっている最中の事。翌日から4日間の夏休みに突入する事もあり、そのゲーム「LORD of VERMILION」…LoVを試しにやってみる事にしたのだ。

健康診断から帰路に着き、地元吉祥寺のゲーセンに入ると早速"LoV"の筐体へと座り、買ったばかりのスターターパックを盤面へと広げる。アーケードのカードゲームは三国志大戦ぶりで、とにかく新鮮な体験だった。自分の動きに合わせて画面上でダイナミックに動くスタイリッシュなカード群に魅了された。

FFシリーズのイメージイラストで有名な天野喜孝先生がイラストを手掛けるSRカード「オーディン」をプレイ早々引き当てた事が、僕をLoVへのめり込ませる決定的なキッカケとなった。絵柄も格好良く性能も抜群。オーディンはすぐに僕のデッキのエースになった。

f:id:sizaemon:20200317211327j:plain





気がつけばゲームを始めた日から三日で66試合も全国対戦モードをプレイしていた。忘れもしない、この時の勝率は50%。33勝33敗。

その後も仕事帰りにも欠かさず毎日プレイを重ねる内に、自分の画面に表示されている全国ランキングが500位以内である事に気がつく。実はこれは月間でどれだけプレイしたかのランキングだったのだが、当時の自分はこれを全国的なランキングだと勘違いしてしまった。

f:id:sizaemon:20200317190359j:plain





"もしやこのゲームで全国ランカーになれるんじゃないか?"


そう思い始めてからは止まらなかった。仕事の合間を縫ってひたすらにプレイを続ける。三国志大戦では勝率が5割を割っていた僕であったが、幸いな事にLoVでは6割ギリギリを維持していた(最終的には少し割ってしまうのだけれど)

上位陣には生涯戦績で7割以上を保持するプレイヤーが少なくなかったが、自分にとって6割は本気の努力の上に積み重ねられた数字だった。とにかく四六時中LoVの試合について考えていたし、リングノートを何冊も使い1000試合以上マッチアップをメモして環境の把握に努めた。当時吉祥寺でプレイする僕を見たことがある人は、メモ帳を広げて書きながらプレイしていたのを目撃しているかもしれない。


f:id:sizaemon:20200317190118j:plain





最終的に、LoV1,2を合計しておよそ6000試合の全国対戦をプレイした。

恐らく僕のした努力は効率の悪い努力であり、勝率63%の壁を超えられなかったのもそのせいだと考えている。僕は非常に人見知りする気質の上、いつも独りでLoVを楽しんでいた。これが他人と交流する事を好み最新の情報を交換するようであれば、努力の方向性もだいぶ違ったであろう。7割勝ちたければ、きっとそういったコミュニケーション面の努力をすべきだったのだ。

しかしながら、僕のした効率の悪い努力は全くの無駄でもなかった。
「強くないがそこそこ画面でマッチし、全国100位くらいの位置にずっといて、頑なに種族単デッキを使ってる奴」くらいの認識をランカーの方達がしてくれていた様子だった。



f:id:sizaemon:20200317211417j:plain

同時にLoV専用SNSでの活動も交流を広げる大きな助けになってくれた。僕はSNSに登録すると、なりふり構わずフレンド登録を飛ばす奇行に出た上で、全く意味の分からない日記を毎日2回必ず書いていた。ところがあんな日記を見てコメントをくれたり好きだと言ってくれた方がたくさんいたのだ。本当に嬉しい気持ちだ。

ともあれこの努力のお陰なのか、カードショップ・遊々亭が主催する鶯谷みとやでのlov大会に「SNSでのアイドル枠」という名誉(?)ある枠で選手として招待される事に。この件以降、自分と比べ信じられないくらい強いランカーの方々と交流する機会が一気に増えた。遊々亭大会出場は自分のlov人生の大きな転機の一つとなった。

とにかくオフ会やユーザ主催の小規模大会に呼んでもらう事が爆発的に増えたし、現場では称号レベル問わず様々な人から声をかけて頂けた。向こうから呼ばれ、声をかけられ、何もせず待っているだけで友人が増えていった。出不精で引っ込み思案な自分にとってはまるで夢のような体験であるし、このような天のめぐり合わせが無ければ逆に殆ど友達などいなかったから、僕の身に起きた一等の奇跡といえるだろう。


──病的に熱中したlov2が終了し、内容が様変わりしたlov3になっても暫くは精力的にプレイを重ねた。有り難い事にまた遊々亭から声をかけて頂き、攻略記事ではなくネタコラムの執筆を依頼されて一時期ブロガーに名を連ねていた事がある。そして遊々亭で記事を発信した事によって新たに繋がりを得た人もいた。


こうしてlovを通じて繋がったプレイヤーの中には、今でも飲み会に行ったり一緒に遊んだりする人が少なくない。僕はlovに救われた一人だ。仲間も楽しい思い出も何もかもlovに与えて貰った気さえする。

だけれど、実際にプレイを重ね拙いとはいえ努力を重ねSNSでももがくようにフレンドを求めたのは他でもない自分自身だ。僕は奇跡的に色々なものを、この必死に伸ばした手で掴めたのだろう。


時が経った。
2008年7月9日に僕が初めて触れたLoVシリーズは、2019年8月31日についにサービスを終了した。
10年以上楽しませて頂き、かけがえのないものを沢山貰い、今もなおもらったものに助けられている。

お世辞にもバランスの良いゲームではなかったし、ゲーセンで発狂しかけた事も幾度となくある。ニコニコ動画に載った頂上対決のコメントに「この人見たことあるけど熱くなると周りが見えなくなってる」「単純に雑魚」などと書かれた事もある。俺の何を知っているというのだクソめ。平時の対戦においてもクソみたいに不利なマッチアップに声を荒げた事もある。良い事も、クソな事も、平等に、たくさんたくさんあった。

そんなLoVシリーズが基本的には好きだったけど、嫌いになった事もあったし、親密に付き合っては時には離れてと、まるで生きている人間と付き合っているような感じだった。

LoVありがとう。
楽しかった。
いつの日かまた元気な姿を見せてくれた時には会いに行くと誓う。
LoVと、そしてLoVの運営・開発に関わった全ての方へ、遅いご挨拶となりますが、本当にお疲れ様でした。

f:id:sizaemon:20200317211509j:plain



ネットにおける若気の力(至り)

昔に比べてブログで、自分が見たこと感じたことをそのまま書けなくなっているなと感じる。

このブログを付け始めたのはまだ学生の頃だったのだけれど、その頃の記事を見ると感じたものを感情そのままに書きなぐった記事がモリモリ出てきて凄く恥ずかしい気持ちになったりする。

そして恥ずかしく感じると同時に、こんなストレートに書きたいものを書きたいままに綴る事って最近しなくなったなと思う。
これはブログだけに限らず、他のSNSTwitterでもそう。

記事にする前に内容のカドを落とすというか丸くするというか。
身も蓋もない言い方をすれば「誰かに見られる事を多少意識して無難な書き方に直して」いる。

学生の頃ってそんな事考えた事も無かった。

多少痛いような言い回しでもそのまま
世間知らずと言われそうな意見でも恐れずに
ただ感情のままに書きたい事を飾らずに
……書いていた。

ポジティブに捉えれば今の自分の記事更新は炎上したり晒されたりといった事がなるべくないように(このブログが燃えたり晒された事は無いけれど)落ち着いた内容に推敲した記事を書けるようになった、という事なのだろう。

けれど時たま無性に、気持ちのままに書きなぐった粗削りな更新を連打していた当時の「若い力」のようなものはまるっきり失われてしまっているなあと惜しいような気持ちになったりする。



ここからが本題というか

僕はたまたまそういった「若い文章発信」の最初の場がこのブログであったというだけの話。Twitterを見ていると、やはり当時の僕のような「若い文章発信」を往々にして目にする。

その時にどうか、彼らを「こんな痛いヤツがいる」「こんな世間知らずがいる」と衆目に晒して叩くような真似をする前に少しだけ考えを巡らせてほしいと思うのだ。
最初にネットに触れた時のあなたの発信はどうだっただろうか。
ああ、若かった…と心当たりのある人もいるのではないだろうか。

もちろん、彼らの発言がバッドマナーであった場合、それを嗜める事は必要だ。
しかし、ただちょっと「若いだけ」の発言は引用RTやRTでそこまで笑いものにするようなものだろうか。

僕はここまで来て逆に、言いたい事を言葉で飾らずに素直に吐き出す若いパワーが羨ましくも思うのだ。

正直、今でもただ感じた事を書こうと思い立ったのならば、下手したら毎日でも更新出来ると思う。
自分の事、ゲームの事、人付き合いの事、世の中に対して思った事…
言いたいだけの事なら、無限に溢れている。

だが今は、無責任に言いたい事を言い放つだけの度量(若さ)は僕には無い。


…ブログって、しっかり考えて書かなきゃいけないとか、そんな高尚なものなんだろうか?若さに任せて好き勝手に更新してもいいんじゃないか?

そう考える事も無くはないけれど。
例えば、無責任な言葉が自分やブログのイメージを低下させる事を恐れたり、そういった複雑な事情から昔みたいな若い更新をする事は今は中々出来なかったりする。

いやほんと、別にこのブログって偉いわけでも影響があるわけでもないし、今でも好き勝手に書けばいいんじゃないか?ってちょっと思ったりもしたけどね。


まあ何が言いたいかというと。
若いだけの文章って、別に迷惑かけなければある意味微笑ましいんじゃないかって。笑いものにしたりするほどのものじゃないよね、っていう。

そんだけ。


本当に恥ずかしい記事ばかりなので昔の記事は見ないでください。

雑文526 ヒトリノトモダチ

僕には一人の友達がいる。
中学校からの付き合いで、十数年以上の仲だ。

彼は豊かな家に生まれ、悠々自適に暮らしていて今でも自由な生き方をしている人である。
僕はそれを少しも羨ましいと思わないと言えばウソになる。

そんな彼だから、二人で飲み交わす時に、サラリーマンならではの辛さの共有だったり、社会の愚痴といった話になる事は一切無い。
二人で集まって話す事といえば、あれから何年も経ってお互い三十歳を越えた今でも、ただひたすらに中学校時代にバカをやった話やら、あの頃に熱中したスーファミやプレステの話を一心不乱にするのみだ。


ああ。それは僕にとってなんて甘美で、救われるような奇跡なんだろう。
そう思う。

同世代で未だにこんな馬鹿な話を真剣にしてくれる友達は彼をおいて他には存在しないからだ。

もし彼がくたびれたサラリーマンになっていたとしたら、いつまでも昔の思い出話をしてくれただろうか。もしそうだとしたら、ただただ互いの苦境やら苦い愚痴を零し合う間柄になったような気がする。

息苦しいこの世の中で、愚痴を零し合う仲間を作るのは簡単だ。
そして愚痴を言い合うのもくそったれな社会を生きるためのカンフル剤である事も確かだ。

しかし僕は一介の社会人である以上に、ブログタイトル通りのへたれゲーム貴族だ。生きる合間にゲームをやりたいと思わず、ゲームをやる為に生きたいと願っている。僕にとっては人生の愚痴を言い合う事よりも、ひたすらにゲームの話を語らう事が生きる為の活力になってくれる。

彼は、僕に元気をくれるのだ。

一時期ではあるが、少し距離を置こうとした事が実はあった。
その気持ちの源は、自分が社会に向き合っている中で、気ままに暮らしている彼を直視するのが辛くなったからだ。
身も蓋もない言い方をすれば醜い嫉妬の一種である。
そんな時に、たまには飲まないかと誘われ久しぶりに会い、変わらず屈託のない笑顔でレトロゲームの話題に花を咲かせてくれる彼を見て自分の気持ちを思い直した。

僕はこれからも彼の存在に助けられていくだろう。
皆さんにも心を支えてくれる存在はいるでしょうか。
家族でも友人でも、そういった人を大事にしていきたいと僕は心から思います。

一年間光の戦士をやりました。マイホーム・ホームレス・マイライフ

今から一年前
2019/02/08 Kakumei Takumayanは
エオルゼアの地に降り立ちました。


f:id:sizaemon:20200224154538j:plain


最初はひたすら麻雀を打つ為に。
そしていつしかエオルゼアを救いたいという気持ちが湧き
壮大な冒険の旅へ……




f:id:sizaemon:20200224154937j:plain

竜騎士として新生エリアを駆け抜け…


f:id:sizaemon:20200224155343j:plain

機工士をやったり白魔道士になったり色々なジョブで蒼天、紅蓮を進み…



f:id:sizaemon:20200224160016j:plain

気がつけば漆黒。
胸が躍る、自由で素晴らしい冒険の日々に夢中になりました。
こんなRPG体験は暫くしたことが無かったってくらい。


そんなKakumeiの今は………



f:id:sizaemon:20200224160621j:plain

ミスト・ヴィレッジの1番地にMサイズの家を購入!!!!



f:id:sizaemon:20200224161009j:plain

f:id:sizaemon:20200224161026j:plain


こだわりの内装をした旅館風ハウスを作ったのだ。
フフゥ~ 癒やされる~♡
これがマイホーム。
素晴らしきマイライフ…っ。


と。
満足したあたりでリアルが忙しくなり暫く休止。
一ヶ月以上ログインしなかったな…
そう思ってエオルゼアに戻った私を待ち受けていたのは





f:id:sizaemon:20200224161342j:plain





??

???




f:id:sizaemon:20200224161904p:plain

わたしの
おうちが
あった
場所に
知らない
おうち
建ってる。


f:id:sizaemon:20200224162119j:plain

しかもログインした瞬間に私の土地を受け継いだ新しい家主が偶然目の前にいて挨拶されるという。そこね、わたしのおうちだったんだ…。




f:id:sizaemon:20200224162725j:plain

まぁつまりは
「なんということでしょう
Kakumeiは家なき子になってしまったのです」
ってやつです。



f:id:sizaemon:20200224163350j:plain

その後、放浪した私はリトルアラミゴへ。
豆しか入っていないスープでお腹を満たし、
剥き出しの岩肌の上に丸まって眠る生活が続きました。



f:id:sizaemon:20200224163851j:plain

寒さと飢えが襲います。
過酷な毎日です。





f:id:sizaemon:20200224165848j:plain

そんな私でも!
デリケートなチョコボのおしりを優しく揉みほぐす事で安心感を与えて良質な強いチョコボに育てるビジネスに着手し有限会社「ママチョコボ」を設立。
一山当てる事でなんとか身を持ち直しました。



f:id:sizaemon:20200224171025j:plain

と、いうわけで。
色々ありましたし、家のサイズもSハウスになってしまいましたが、無事マイホームを買い直す事が出来ました。ミスト・ヴィレッジ第19区はお友達のRappa Harafellちゃんのハウスと同じ地域なので絶対にココに住みたかったんですよね。




f:id:sizaemon:20200224171308j:plain

f:id:sizaemon:20200224171406j:plain

再び手に入れる事が出来た
海の見えるマイホーム。
心が落ち着くね。




f:id:sizaemon:20200224172041p:plain

そんなこんなで。
色々と楽しめた一年間。
このゲームをやっていて本当に良かったと心から思います。

練りに練られた壮大な物語を楽しむもよし
美しく広大な世界を自由に旅するもよし
戦闘、生活、カジノ…終わりないボリュームの遊び(体験)に身を委ねるもよし。

さて

この一年はどんな冒険が待っているのだろう?
光の戦士、これからもやっていきます。