へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

PC買い替え

パソコンを買い替えました。

2014年12月からおよそ2,077日の間休まずに働いてくれました。
電源落とした事なんて10回あるかないかだと思う。
まだまだ元気で普通に動くんだけど思い切って買い替え。

購入したのはLightning AT5というモデル。
今までのPCと比較すると性能差はこんな感じ

■CPU 名称 コア スレッド ベンチマーク
従来 Core i5 4590 4 4 5291
新品 Ryzen 5 3500 6 6 13428

※PassMarkのCPUベンチマークスコア

■グラボ 名称 ビデオメモリ ベンチマーク
従来 GTX970 4GB 12000
新品 GTX1660 SUPER 6GB 15500

3DMarkのグラフィックスコア

メモリは4GB*2 → 8GB*2
SSDも128GB → 512GB

こんな感じで大幅なパワーアップ。
全体的に1.5倍くらい強くなっているにも関わらず、値段は随分安く済みました。
前のPCが166,400円でしたが、今回は保証諸々含めて118,202円。
5万円近く安い…どういう事なの…。


【選んだ理由】
どうした自称ゲーム貴族?貴族ならせめてハイミドル、いっそハイクラス買うべきじゃないのか??という声が聞こえてきそうなんですけど、PCはほぼFF14マシンなんですよね。あとはクソコラ作るくらいだし。グラフィックスバリバリのFPSとかを遊ぶ予定が特に無いので、Twitterで評判がとても良かったLightning AT5にした次第です。ハイエンドPCでしか満足に遊べないようなゲームがやりたくなったらその時はまたPC買う。

前のPCはGTA5やるとあちこちカクカクで何度もポリスにしばかれたんですが、そんくらいしか不満が無かったともいえます。FF14なんかあれでも最高品質ベンチマーク12000とか出て満足に動いてたし。


【実際の満足度】
限りなく☆5に近い☆4といったところ。☆4.7くらい。
スペック的にも現行のネトゲはもちろん、最先端のスペックが必要な超重量ゲーム以外は全てカバーしています。設定次第だけど重量級も全然イケる。

CPU core i5 4590・グラボ GTX970・メモリ4GB*2だとFF14chromeを起動しただけで使用率がそれぞれCPU60%・メモリ70%いっていたところ、Lightning AT5だとCPU20%・メモリ30%といったところ。FF14と同時にミュージックプレイヤー立ち上げたり別のブラウザゲーをしててもCPU・メモリとも50%を超えるような事は殆どなし。素晴らしく余裕がある…

☆5じゃないのはゲーム中心で遊ぶので今思うとIntelのが良かったかもなぁという気持ちと、見た目が完全にビジネス用PCでゲーミングPCっぽさが皆無だから。Intel CPUが良い人はほぼ同じ価格で似たスペックのMagnate MTがいいかもね。


【というわけで】
最新のVRゲーとか最先端のFPSにはあまり手を出さず、ネトゲメインとかでやる人が11万円くらいのモデルを探してるならかなりオススメできます。というかグラボ的に最近の3Dゲームも全く不足無く動くスペックです。

モンスターファーム2の記憶があんまりない

ついにモンスターファーム2が配信となった。非常にめでたい。

しかし僕には何故かモンスターファーム2の記憶があまりない。
良く考えればおかしいことなのだ、このゲームが発売されたのは放課後ずっと暇を持て余していたハナタレ小僧の頃で、新しいゲームなどポンポン買い与えられたワケではなかったから、一つのゲームを穴が開くほどにやり込むはずなのだ。

小学生~中学生時代に遊んだゲームは大抵細かい部分まで記憶しているというのに、改めてこのゲームを調べると覚えていない種族がたくさんいる。メタルナーにモック、ダックンなんていたっけ?ネンドロも見たことあるような無いような…あっオクレイマンじゃん、思い出したふざけるな。


一応覚えているのは、ニャーのライガー派生であるワンというモンスターを溺愛して育て、烈海王のグルグルパンチを彷彿とさせる超必殺技が大好きだったこと(ブンブンパンチみたいな名前だと記憶していたが、調べたらポカポカポンという技だった)。

なぜ当時プレイしたのに覚えていないのか、全く思い出せない。

仮説。

1.そもそも買ってない。友達からの借り物で一通り遊んだら返却した。
2.当時思い出したくないような事件があってゲームやってる場合じゃなかった。
3.他に凄い面白いゲームが同時期に出ていて飽きた。

ううむ…
2は多分無い、思い出したくないような事件は絶対覚えているので。
3もない…仮に凄い面白いゲームがあったとしても、終わった後に必ず手持ちのゲームは全部やるので。

あ…1じゃね?
多分俺、モンスターファーム2、買ってないのかも…
んー??でもおかしい、買ったと思う。持ってたハズ。

よくわからんけど、モンスターファーム2に関する記憶の殆どが異次元に吸い込まれている状態です。つまり今から物凄く楽しめるって事だな!皆からすればあの頃の感動をもう一度だけど、僕にとっては未知の感動との邂逅となるわけだ!こんなに嬉しい事は無いので精一杯本作をエンジョイしたいと思います!



プレイしているうちに「あ、これ全部知ってるわ」って思い出す確率…83.3%くらい。

アーケードゲームと缶ジュース

缶ジュースが好きだ、缶ジュースにプレミアを感じる、缶ジュースは青春だ。
アルミ缶も好きだが、スチール缶が最高だ。


当時の僕はゲーセン少年だった。
1000円にも満たない月の小遣いをやりくりして、駄菓子屋ゲーセンでメタルスラッグXやX-MEN VS. STREET FIGHTERに興じ、GEOのゲームコーナーに置かれていたKOF'97では何度も八稚女のコマンドを練習したものだ。

中学一年生になると放課後の戦場を東伏見駅前の50円ゲーセンに移した。
そこで僕が見た常連の猛者達にはある共通点があったのだ。

怒首領蜂だけを執拗にやり続ける作業着の兄ちゃん…筐体には積まれた50円と缶ジュース。
パワーストーン2を遊んでいると高確率で参戦してきたあやめ使いのサラリーマン…身を乗り出して向こうを覗くと手元には缶コーヒー。
D&D SOMの攻略法を親身になって教えてくれた師匠ともいえるおじさん…レバーの真横には細身のスチール缶。

つわもの達は常に、缶飲料と共にあった。
50円ゲーセンにおいて、プレイ料金の倍額を誇るそれを必ず従えている。
金銭事情から、よほど特別な事が無い限りプルタブを捻る機会は訪れなかった。
少年の目にそれは、飲めばゲームが強くなる霊薬のように映った。



歳を重ねた。
缶ジュース達も値上げという形で時代と共に老け込んだ。
もう100円や200円はあの頃からすれば端金で、缶を積み上げるのは造作もない。

だとしても僕にとってその値打ちは何ら変わっていない。
筐体には自販機の取り出し口から出てくる相棒と一緒に座る事にしている。
出来ればスチール缶のコーヒーがいい。
あの日の風景に存在していた彼らの背中を追える気がするから。


缶ジュースが好きだ、缶ジュースにプレミアを感じる、缶ジュースは青春だ。
アルミ缶も好きだが、スチール缶が最高だ。

コルカス

前回、漫画で一番好きなキャラとして矢吹ジョーを挙げました。

そんな彼と同じくらいか、それ以上に”激アツ”な感情を抱いている漫画キャラクターが存在するので今日はそのキャラについて思うところの全てを全弾発射していきたいと思います。


そのキャラの名前は「コルカス」 
長編ダークファンタジー漫画ベルセルクの最初の方に出てきて中盤に差し掛かる前に退場するキャラクターです。

ベルセルクをご存知の読者からは「いやコルカスに熱を上げるとかあるか?????」って言われると思います。でも僕はこいつがクッッッソ好きなんですよね。TRPGの長編キャンペーンでコルカスという苗字を付けた元盗賊という設定のキャラクターを作って最後まで遊んだくらい。

以下とりあえず漫画を読んだ事ある人前提の話をしようと思うんですが一応軽くキャラについて説明。

コルカスはカリスマ傭兵団長のグリフィスに従う傭兵団の一員です。元々は盗賊達の頭目をしており、グリフィスに負けて鷹の団に下ったという経歴を持っています。
ブサイクで皮肉屋、すぐ調子に乗り態度や行動の節々に小物感が溢れるという、明らかに読者から好かれない造形を与えられたキャラクターです。
鷹の団では古参であり、最終的には千人長という、副団長の直下にあり鷹の団でも数名しかいない役職まで昇進するのですが、特に武芸に秀でている描写も無く、カッコイイ見せ場など殆どありません。盗賊のボスをやっていたくらいには腕が立ち、立ち回りも上手い男ではあるのでしょうが、ヒーローという言葉からは程遠い人物なのは間違いありません。


僕が何故こいつが好きなのか。 それは敵も味方も圧倒的なスケールで描かれる戦記シーンの中で、コルカスが泥臭い等身大の人間。凡人であるからなんです。
彼にはグリフィスのような智謀と人間的魅力も無ければ、戦闘力もライバル視しているガッツの足元にも及びません。 作中での目立った活躍のシーンもありませんが、鷹の団千人長という立場を全うするくらいには死と隣合わせの苛烈な戦場を何度も潜り抜けている。

そんな泥っぽいところに妙な魅力を感じますし、 極め付けはガッツに対して食いかかるシーンです。

平民には決して届かない貴族という身分の仲間入りを前に、その現実を捨てて理想を追い求めようとするガッツにコルカスは激昂。
この時にコルカスが心の底から絞り出した怒りはまさに現実主義者の代表のようなもので、凡人が奇跡的に掴んだ大きなモノをあっさりと捨て去る事への異常さについて感情を剥き出しにします。

グリフィスやガッツといった超人に対して、コルカスという凡人の対比。現実世界に生きる多くの人々が苦しみの多いリアルに自分なりの折り合いを付けて生きている中で、コルカスの言葉は胸に深く刺さります。

ガッツを論破しようとするコルカスのシーンはベルセルクのコアなファンには知られており、このシーンを以てコルカスは決して嫌な感じだけのキャラでは無かったと評価する向きもあるようです。


…ですが、例えこのシーンが無くても、僕はコルカスにただならぬ魅力を感じるんですよね。
コルカス、半生に想像の余地があるほどほどにミステリアスな奴なんですよ。僕はそこに惹かれてます。
前述の通り、目立った戦闘シーンは無いものの困難な任務や矢が頬を掠める戦場から何度も生還してきたタフさ。 描かれていない盗賊の頭目時代。 特に活躍が無いのに、なんだかんだいって後のガッツの回想に登場するくらいには、鷹の団の中核を担うメンバーであったこと。
明かされていない、描かれていない内容が多すぎる。 そして、それは彼が凡人だからこそ、この壮大なスケールのストーリーでは敢えて描かれ無かったのだろう、と思わされるところ。
僕は凡人が英雄達の中で泥臭くも立ち回り、なにかささやかなモノを掴み取るという構図が好きなんだと思います。 そしてその構図に100%ぴったり隙間無く挟まったキャラクターがコルカスなんじゃないかな……と。

長々と語ってしまいましたが、マイナーで不細工で刺々しい言葉だらけの皮肉屋でお調子者の、決してヒーローでは無いし絶対ヒーローになれないコルカスというキャラクターに熱い感情を持っているという話でした。


三浦先生、ただでさえ多忙だとは思いますがコルカスの外伝を是非、お願いします!(もし鷹の団外伝があるとしても先にキャスカやリッケルトだよなあ…)

へげ貴族が第4四半期に遊びたいゲーム

時の流れは早いものでもう9月。

今回はへたれゲーム貴族が年末までに遊ぶ予定のあるタイトルを挙げていきます!

9月
僕は9月はFF14とネット麻雀をやる予定です…
あ、でもモンスターファーム2が出るみたいなのでやるかなー懐かしい~。
メタルマックスゼノリボーンはゲーマー仲間達の感想待ちで様子見の構え。


10月
ここからアツい。
10/15は念願のDRPG、エクスペリエンスから「黄泉ヲ裂ク華」がやっとPS4/Switchで登場です。
貴重なWIZライクの系譜ですし今回も非常に楽しみ!


そして10/29には真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTER」が堂々登場!!

自分的には絶対に外せないタイトル。
原作プレイ時は難易度ノーマルでしたが仲魔にエンジェルを入れ続ける緩い縛りをしていました。それでも難しく歯応え満点で最後まで楽しめたので今回は縛り無しの難易度ハードをやろうかなぁ…。


11/26に発売の「ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団」バチバチにベリホットアッチ、激アツのタイトルですわよ。

前作の「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」がストーリー、システムどちらもかなり満足度の高かったタイトルなので期待度は言わずもがなですわ。ルフラン、性癖の宝庫すぎてヤバいですわよ。



という事で、私の9月〜12月の購入確定タイトルはこの3本!
黄泉裂ク、真ⅢHD、ガレ地下ですわ。
ガレリアはガレリアって略すと某パソコンが出てきてしまうのですわ。

どうしてお嬢様言葉?
秋から冬のゲームは本当にお排泄物楽しみな2020年ですわァァ〜!!