へたれゲーム貴族の躁鬱

そうだ。○ボタン押そう。

個人的経験則に基づく偏見之図・twitter

基本的につぶやくだけ。
業界人や著名人などがいてそういう人の呟きを見れるのが一種のウリ。

SNS的な使い方をしようとする人も多く、本来のサービスの意図を読んでから始めた僕にとってはなんで?と思わされることがある。

基本的な使い方として、気に入った発言があった人、また気になる人を「フォロー」するのだが、その人の別の発言を見て特にこれ以上この人の発言は聞きたくないかも、と思ったら「フォロー外し」を気軽にして構わないのだが、フォローに対するフォロー返しがマナーという人や、フォロー外しに物凄いショックを受けたり逆ギレする人がいたり、フォロー前に連絡しろなどという人すらいる。


サービスの発想そのものは自由度が高いのだが、日本人の密閉気質なのかしらんけど上記みたいな閉鎖的な意見や使い方をする人もいる。

人間のリアルタイムがタイムライン上に流れるさまは面白い

総じて、クソみたいな発言しか無い人でもそのクソの形が非常に個性的とも言える発言が多い。
Vip曰くクソで芸術を描く、だとか。

ブログやSNSでは、著名人、業界人はパンピーが触れない場所にいて返信も普通貰えないが
twitterでは意見によっては反応されたりもする

一度に140文字までしか発言出来ないので語彙力や簡潔に伝える日本語力がつく(ように感じる)

・総評
僕に一番向いてるサービス構造。
しばらくはこっちでクソ垂れ流します。