へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

雑多文章録390 一ヶ月間ニートとシンクロします。

えーと、近況ですが…色々と面倒な事がありまして…その…


一ヶ月、職場から離れて休養…まぁ軽NEET状態することになりました。





始まりは先週の月曜日。

出勤途中のバスの中で体に異変が。

いつも出勤中に職場の事を思うと来る吐き気。

いつもの吐き気なので、10分でも駅で休めば回復する…と思ってたんですが
今回はちょっと度合いが違いまして、もうその場から立ち上がることが
出来ないような状態にまで状態が悪化してしまいまして
駅につくなり、最寄の交番まで半ば倒れるように歩き、倒れて吐きました。
吐き出した汚物の中に全身を埋めて声も発せず、動けなくなりました。

お巡りさんに救急車を呼ばれたのはうっすら覚えているんですが、意識が戻った時には吉祥寺南病院さんで点滴に繋がれていました。

自分では覚えていないんですが、橋口さんへ電話して少し喋った様で、橋口さんが会社へと僕が体調不良で休んだ事は伝えてくれたみたいです。

暫くして仕事から引き上げた両親が倒れた僕を迎えにきてくれました。

夕方前には動けるようになり家に戻り、とりあえず職場と会社に、自分の事情を説明することに。
強いストレスを感じていて、日常的にダウン気味になり
常に胸焼けや吐き気に襲われていること。
仕事中も、1時間に10分はトイレに駆け込み、吐き出すか
軽く5分睡眠をとりながらなんとか綱渡り的にこなしていること。
不眠症は酷く、1時間に一度は目を覚ましていたり
家に帰っても趣味に時間を使う事も出来ずに、
5分置きに時計を見てはうめきながら横になっているだけの日々だったこと。


これらから、精神的にも肉体的にも休養が必要だと判断され
僕は10月は会社を休むこととなったのです。

人手の必要な職場なので、復帰状況によっては交代要員が現場に入れば本当に仕事を失う可能性がある、と言う事は言われました。
なので、この一ヶ月お気楽に過ごすなんてことはなかなか出来ません。

しかし、貴重な休暇の時間でもあることに変わりはありません。

普段なかなか出来ないこと、旅行などにいってみたり
また、好きなゲームも思いっきりやって心の平穏を少しでも
取り戻すことが出来たらな、と思っています。

以上、私の近況でした。