へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

メールアドレス。

初めてケータイを手にしたその日からずっとdocomoユーザーなんだけど、ahamoという新プランが自分にとって魅力的なのでプランを乗り換えるつもり。
正直スマホなんて外でネットかメール見るかスマホゲーを少しやるくらいなので安くてシンプルなahamoはありがたい。
単純計算でahamoに乗り換えるだけで年間数万円が浮くのだ。

ahamoにはキャリアメールが使えないというデメリットがあるが、既にスマホにPCのメールアドレスを結びつけてあるので全く問題なし。
問題なし、なのだが。

高校生の頃からただの一度も変えていないメールアドレスとお別れしなければならない。

思い出の詰まったメールアドレスだ。

学友とくだらない内容を送りあった。
後輩とゲームの感想を語り合った。
グレてカラーギャングに入った身内がゲーセンノートへ書かれた自分への苦情を俺が書いたものだと思い込み仲間に脅迫の手伝いを依頼したらしく知らないアカウントから「殺す」「お前は死ぬ」とメールが大量に来た事もあった。まあ書いたの俺なんだけどね~~良く分かったね峯村くん。

もしかしたら今は交友のない旧友から、ふと連絡が来たりしないだろうか。そんなことを思いながら過ごし、やはり便りはない。
ないのだが、自分がメアドを変えないことによって保たれているほんの微かな繋がりを、ahamoへの乗り換えで完全に放棄することになる。
それだけが少し寂しい。

何はともあれ長らくありがとう。
初めてケータイを手にした日から、ずっと人との繋がりを維持してくれた俺のメールアドレス。