へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム雑日記。ライブドアブログから移転してきて日が浅いです。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

Fallout4紹介 -キミがTOUGH BOYになる理由- [ゲー録574]

4月初旬、僕の右腕の握力は成人男性平均を15kg近く下回る30.3kgという数値でしたが現在







10kg向上させる事に成功。コスプレイヤーのお姉さんがチャラ男の彼氏とイチャつきながらオタクを馬鹿にしているところを妄想しながら怒りに任せてハンドグリッパーを握り潰すというトレーニングをしています(マジです)。目指せ年内に48kgくらい。


さて、若干力を鍛えている僕ですが、今回は力が全ての世界でサバイバルする
世紀末FPSRPG「Fallout4」にハマっているのでこの機会にご紹介します。


(あまり時間はありませんが5月30日午前2時までsteamにて67パーセント割引の2844円で買えますので昔から気になっていたけどセール待ちだった人とかは是非お手に取ってみてください)


【目次】
・TOUGH BOY POINT1「STORYとゲーム内容」
・TOUGH BOY POINT2「FPSが苦手なキミも世紀末覇者になれる」
・TOUGH BOY POINT3「作ろう、拠点!」





TOUGH BOY POINT1「STORYとゲーム内容」

ジャンルはFPS+RPG(一人称視点シューティングとRPGの融合)。

舞台は核が落ち、放射能汚染を被ったアメリカ。
主人公は冷凍睡眠装置に放り込まれ、しかも息子を誘拐されてしまいます。

冷凍睡眠から目覚めた主人公は200年以上の年月が過ぎた未来のアメリカの荒野で
誘拐された息子を探し果てしない旅路へと出る…
というストーリーになっています。





pants
▲舞台は核が落ちた後の世界。マトモな感性じゃいられねェ。


ストーリーはありますが、基本は自由です。
Fallout4はいわゆるオープンワールド系ゲームに属し
広大な地続きの世界を心行くまま気の赴くままに冒険することができます。


メインストーリーを追い誘拐された息子を探してもよし
荒廃した世界に自分だけの拠点を築き上げ入植者を住まわせ暮らすもよし
悪漢を片っ端から撃ち殺してもよし
いっそのこと自分が略奪する側となり希望という名の種籾を奪い散らかしてもよし


核が落ちた世界に芽吹いた力強い花である貴方はどんな色に咲く事も可能!

この自由度が一つの大きなウリです。





TOUGH BOY POINT2FPSが苦手なキミも世紀末覇者になれる」

Fallout4のゲーム画面はFPS、一人称視点シューティングの形態を取っていますが
RPGのシステムが色濃く、レベルを上げたり強い武器・防具を仕入れたりして
少しずつ探索範囲を広げられる工夫がされています。

戦闘についてもV.A.T.Sというシステムによりコマンド式RPGのような戦い方が可能。
FPSが苦手な人も安心して遊べますし、腕に覚えがある人はもちろんそのまま狙いをつけて
スピーディーな射撃戦(ないし格闘戦)を行うことも可能です。






vats


sklii-gamen


そしてRPGといえば豊富なスキル。
もちろんこのゲームもスキル習得により主人公を自由に鍛える事が可能です。

・ゴルゴを彷彿とさせる長距離ステルス狙撃のプロ
・銃を手にすることなくバット一本と己の肉体のみで相手の頭を吹き飛ばすホームランバッター
・戦闘能力は低いがハッキングと鍵開け、そしてスリの技術に長けたアウトロー
・死んでる人間を食べるとモリモリ回復しだすヤベーヤツ


などカスタマイズの幅はとても広く世紀末世界を生き抜く理想のアバターを顕現させることができるでしょう。




TOUGH BOY POINT3「作ろう、拠点!」

広大な世界を旅できるFallout4ですが、
ゲームといえどたまには腰を落ち着けてゆっくりしたいもの。
そんなささやかな願いを叶えてくれるのが自分だけの拠点を作れるクラフトシステム。

このゲームの主人公はどういうワケか、
その辺に落ちている鉛筆やらネジから家具やら家の建材やらを生み出せる錬金術を極めており
集めた素材から自分だけの拠点を作る事ができるのです。


craft



ゲーム中に存在するおよそ30個のロケーションに自由に建物を作ることが可能。

作り上げた拠点にはいつしか入植者達が住みつき、住民となってくれます。

住民を武装させたりオシャレさせたりして自分だけの根城を築ける画期的なシステムで
これだけでも一度ハマると恐ろしいほど熱中してしまいます。




最後に

力、圧倒的なパワー、ゴリラ。
人生にもゲームにも、パワーもしくはゴリラが必要です。
ゲームの中でくらいちょっと北斗神拳伝承者になってみたい、マッドマックス的世界で暴れまわりたい、といった方にもそうでない方にも中々オススメできるFallout4、この機会に是非体験してみてはいかがでしょうか。





ame

▲アメリカナイズなドラマも魅力(アメリカのゲームだから当たり前か) キミもTOUGH BOYになろう。