へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

雑多文章録36 あの素晴らしいスレをもう一度

子供だーましのSSを書いて♪(ダメダメー パパパヤー)
そこそこ人気もあるパロだけれど♪(ダメダメー パパパヤー)

と、無意味に踊るダメ人間風に。
アクセス規制の問題で最近某板にパロディ小説を投稿してない俺です
適当に連作してたら、俺自身も作っててすげー面白い事に気がついたし、
「面白かった!」「ここを改善しろ!」こういった言葉を貰うとさらなる意欲に繋がって読み手と書き手が互いにプラスプラスの効果を出していたのに、最近投稿規制が外れて続きを出そうと思ったら、その間の反応は「長いのを放置してないで作者とっとと完結させろ」というものばかりでかなり創作意欲が殺がれてゲンナリしたりしてます。
「お前の創作つまんねーよ」とかなら、これは愛の鞭であり、プラス的な言葉なのですが、最近反応されてる言葉からはプラスに作用するものなど感じないように思えるのです。

その掲示板の性質から、
「創作が努力が報われるとは限らないリスキーな行為である事を承知し、それでも投稿したければ投稿する」
というものである事は初代のスレからいる自分では理解しているつもりです。
しかし、荒れた場所であろうと、そのスレ自体皆で楽しむ事を目的に作られた場所なのですから作り手と受け取り手でお互いに足を引っ張り合うような事を言うのは、スレの減退にしか繋がらないと思うのです。
くだんのSSは既に最後の展開まで考えてあります。勿論いつになるかわかりませんが投稿したいところです。
もう一度スレに活気が呼び込まれん事を願いつつ今日もROMです。
規制はつらいぜ。