へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム雑日記。ライブドアブログから移転してきて日が浅いです。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

この季節の正丸峠は寒い & ソシャゲあれこれ

人生転換の節目にポカってしまい後悔と自責に駆られていた週末でした。
両親に相談までする始末でしたが、想像と裏腹にあったけぇ態度で迎えられてちょっとホロリと。

陰鬱な気分を吹き飛ばすために兼ねてから気になっていた「正丸駅」へ行ってきました。
西武線の中で最も乗車人数が少ないこの駅、もう記憶が薄いんですが小学生とか中学生の頃に友達と西武秩父へ旅しにいったときに通過した駅でして、以来20年近く脳裏に山々の映像がこびりついていた場所なんです。

所沢駅飯能駅と乗り継いで山々の景色を楽しみながら念願の正丸駅に降り立つ自分。

あ!クソ寒くて5分散歩して帰りました。

充実した旅ダナー。。。
まぁ、何年も心に抱えていたけれど実行する機会の無い案件を片づけるってのはどこかスッキリしますね。


ここまではただの日記で、本題は次です。
僕は現在やり続けていたソシャゲを休止しています。
その理由とゲーム内容について書き連ねてみました。

僕はジャンルから身を引く時にボロクソ言ったり、目が醒めた、みてぇなしゃらくせえ事を書くヤツが大嫌いなので、そういう内容ではないはずですが、我慢しきれないうんこが出ているかもしれません。
ゲームについて思ったことを素直~~に書いているので一応改行しときます。







グランブルーファンタジー
普段はプレイしていませんが団イベだけ動こうと思います。
それ休止っていうのか?

このゲームには2015年8月くらいから始めてかなりハマって三か月もしないうちに十天衆を手に入れました。
(今でこそ十天なんかホイホイ加入させられますが当時はほんのりだるかったはずです)

仕事が終電間際に終わり家に帰っても何もできない日が続く時期もありましたがそんな日はグラブルをやる時間を作るためだけに職場近くのホテルに泊まり、連泊することもザラでした。
それくらい熱意を持って取り組んでいました。

このゲームはソシャゲの形態を取ってはいますが、本質はひたすら強い敵と戦い強いアイテムを手に入れて強い敵へ挑む、という正統派スタイルのハックアンドスラッシュでして僕がハマらない理由がありませんでした。
それでいてキャラも魅力的だしねえ。

そんなハマってたゲームでしたが、休止に至るモチベーションの低下は個人的な心情によるものです。

このゲームを丸ごと遊びつくすのに必要な戦力が60と仮定します、最高は100です。
このゲームは無課金でも65くらいの戦力に到達できます、サプライズチケットという目当てのSSRが必ず手に入るガチャをやるだけの微課金プレイヤーなら75くらいにはいけます。
そこまでお金を入れなくても不足なく遊べるというのがこのゲームの印象です。

逆に考えると、それ以上の戦力到達にはかなりの課金が必要で努力では覆せないということ。
努力では戦力75から上はいかないんです。
このゲーム普通に遊ぶ分には75以上も戦力はいらないですし、それ以上の戦力は課金者へのご褒美であり、正しい対価といえます。
この仕様に全く文句を言うつもりはないです。

ただ自分は高い所得があるわけでもなく、このゲームに「ミュルグレス」や「エターナルラヴ」の本数を増やすほど投資が出来るかといえば生活を鑑みればノーです。
僕はアケゲーマーのはしくれとして給料全てをゲーセンに落とすゲーマーならではの"バカさ"が大好きです。
一般世間からは理解できないものであるという客観的な視点を理解した上で尚、イカれたゲーマーの紐なしバンジーみたいな直情さって凄い尊いと感じるんです。

つまり僕はグラブルに関しては紐なしバンジーが出来なかった、というだけの話なんですね。
なので幾ら頑張っても戦力75以上には到達しないと理解っているのにこんな時間をかけてボスを周回しているのはなんでだろう、と。
そう思った瞬間に糸が切れちゃいまして。

あ、すいませんここまで書いたんですけど待ったかけていいですか、倉庫にエターナルラヴ2本ある事に気が付きました。
これ地道にダマ稼げば上でいったような戦力75くらいの編成が作れるのでは…
あ、すいません、このゲームもうちょっと続けようかな…
マジでこんな風にオチるなんて一切考えずに普通に休止ムードで記事書いてました。
この話終わりで。

FGO
休止については純粋に事実上のエンドコンテンツであるキャラ育成に自分が熱意を割けなくなってしまったからです。
度々このブログでも言及していますが改善されたとはいえ強気すぎるガチャ排出に関しては一切擁護しませんし、その絞られた★5サーヴァントが無限に欲しくなって回してまた育ててってやってる頃に次の新キャラが出て…ってサイクルに身を置いているうちにモチベが摩耗したのと、水着で5万回したキャラ結局使ってねーな…俺の5万の意味って?みたいな事に気が付いてのダブルパンチが決め手で。

育成したキャラを使ってやることが無いっていうのも要因ですね、なので僕はネロ祭(要するに高難易度コンテンツ)がきて本当にうれしかったです。
低レア育てて攻略を組むような事を自分でやればまだ遊べる幅は広がるんですが、そういったパズルを自前で用意して解くほどにはバトルに熱中できなかったかも。

2016年年末を体験した人ならわかりますが、当時の第一部ストーリー完結に向けてのFGOは怒涛のスーパーコンテンツでした、控えめにいって神ゲー
あの当時の熱狂を思い出させるような今後の展開があればきっとまた戻ると思いますが、それまではオヤスミで。

あ、正直に言うとガチャが人間を舐めた魔族が作ったような渋さはさすがにね、フェスもないしね、あの相場をして"まぁこれくらい出ないのが普通"みたいな価値観を少なからず界隈に植え付けたのはさすがにあかんだろって強く思うよ…。
もはや普通じゃないイカれたゲーマーが金をバカバカつぎ込むのはいいんだけどさ、あれはもう普通の人がドボドボつぎ込んでるじゃん、心配なんだよそういうとこ。

ガチャもそうだけどそれ以前にバ●ルがね…、


あれ・・・なんか・・・
すいません本音が・・・
記事書いた人を叱っておきます・・・うん・・・。

アズールレーン
なんで休止しちゃったの?って自分に問ってる。
ゲーム自体に文句一切ないはずなんだけど、二日ログインしなかったらやらなくていいやってなってしまった。
女の子めちゃめちゃかわいいしゲーム結構おもろいやん…なんで…

ちょっと考えたんですが答えが出なかったので終わりです。

このゲームは放っておいても燃料とか資金貯まるんで食料に変換して僚舎放置でレベリング簡単なので、実際プレイすることで得られる対価はデイリーの各種アイテムやハードの改造図、戦果限定の2隻あたりですね。
やりこみのご褒美は実質近代化改修の解放ってところかな。
そんなガッツリやらなくても好きな時に戻ってこれるのは嬉しい。
逆に言うと回数決まってるハードをサボるだけ近代化改修できる艦船の数に毎日やってる相手に負けるってとこくらいか。

■というわけで
パッタリとソシャゲの手を止めたら、なんか驚くくらい時間が余りだしました。
家ゲーに比重を置くようにします。
あとは面白いアケゲーがあればまたやってみたいです。
今でも帰りにしょっちゅうゲーセン通うんですが、殆どレトロシューかマジアカしかしません><
…ソウルリバース明日からロケテまじ!?
面白そうならワンチャン。
それではこのへんで。