へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム&クソ日記。04年12月開設のブログを18年にこちらに移管しました。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

今日から始めるロードオブヴァーミリオンⅡ全国対戦

えっ

需要あるの?


LoVⅡオフィシャルガイドブックでも読んでくださいってのは酷だと思うので
適当に…


・カードをある程度覚えるということ
これは、LoVに限らずにATCGというジャンルでは一般的な最初の関門
しかしLoVの場合はそこまで敷居が高くないです

例えば三国志大戦などは、当初は相手の全てのカード計略を把握していないと
反計という技で一気に劣勢になったり、火計という技の範囲に全員入って全滅したり
悲惨なものでしたが、LoVではそこまで不利な状況にはならないです

では、LoVでカードの何を覚えればいいのかというと
全国対戦で勝つ為には、まずカードのフィールドスキル、これを覚えればよいでしょう。

シールド」スキルを持つ使い魔だけ覚えれば大丈夫です。

対戦画面で黄色のボタンを押すと、相手のフィールドスキルが表示されるのでそこで覚えましょう(この便利な機能は昔のATCGには無かったので、カードを全部暗記するという初心者殺しの関門がありました。)


何故シールドを覚えるのか

このゲームは シールドによる制圧力が相手に負けていた場合
常に戦闘を挑まなければ際限なく不利になっていくゲームといって差し支えありません。
(シールド取られてもアルカナの上に乗せなければ良いという考えもありますが)

シールド封印時の制圧力は、通常のおよそ1・5倍くらいの速度で制圧ができます
このゲームはアルカナストーンの残量で勝敗が決まるゲームなので制圧力が高いと大きくリードに立てますね。

クロノフリーズなどのアルティメットスペルによるパズルの複雑化もありますが
基本的には、こちらにたくさんシールドがいて、相手にシールドがいない場合は
しつこく相手のシールドに向かえばよいです。


・戦闘するということ
アルカナストーンを割るゲームだと言いましたが
極論を言うとこのゲームは「戦闘で勝てれば勝てる、戦闘で負けたら負ける」
という色の濃いゲームであります。

戦闘で相手を追い返せば、相手のアルカナストーンを制圧できる
戦闘で相手に負ければ、相手にアルカナストーンを制圧される

ということですから。
ロクなシールドスキルを持ってない人獣ですが、毎Ver通して安定して強いのは
ひとえに戦闘面が恵まれているからです。

戦闘は、個人のセンス、努力などが色々と介在する余地のあるわりーと奥が深いものです。
なのでひとえにコレをすれば勝てるっていうのは無いんですが、簡単な話をすれば

「倒したい相手を決める」

「倒したい相手にしっかり攻撃を当てる」

これが大変重要であり、基本であり応用でもあり。

称号10~11くらいの方で、戦闘が苦手だなと見てて思う人はやっぱりこれが出来てない。

スマッシュ攻撃などに執着して、手元だけはとても忙しいのに
攻撃がバラバラの相手に当たってたりして、相手の攻撃は逆にこちらの一体を集中攻撃され
こちらが3体になり不利に…という人を良くみかけます。

とはいっても「戦闘で誰を狙えばいいかわかんない」という人もいるでしょう
ただ単に、戦闘や制圧でこちらを不利にしてくる
「こちらの弱点属性の使い魔」や「シールドスキルを持つ使い魔」
を狙っていけば問題ないでしょう。


初心者のための全国対戦要約
・こちらの弱点をついてくる使い魔や、シールド持ち使い魔を
 攻撃をちゃんと当てて倒していって
 こっちは戦闘で勝ったりシールド封印を狙っていこう!
 何をしていいか不安なら変な割り合いをせず戦闘に向かおう

………4行ですんだよオイ

まぁこれだけあれば称号13までは簡単だよね
うん

続く

かどうかは不明。