へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム&クソ日記。04年12月開設のブログを18年にこちらに移管しました。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

ゲー録506 ポケモンタイプ相性表から優秀なタイプを調査?

ロードオブヴァーミリオンをやらなくて大丈夫か?

[>大丈夫だ、問題無い。

[数時間後]

一番いいデッキを頼む。


ポケモン相性表から、優秀なタイプを調べてみました

とはいっても…実際は弱点をつける数、つけない数の単純な多さ、少なさだけです。

例えば

エスパーなら弱点を2種類つけるけど、3種類に対してこうかがいまいちだったり
こおりでは1種類しか攻撃を防御出来ないのに弱点を4種類も突かれてしまったり
数値の上では不利なところが大きいように見えますが
エスパー系やこおり系は攻撃特殊の威力が総じて大きかったり
こんらんやこおりなど優秀な追加効果があったりと単純な数値では
計測できない部分も当然あります。

そういった諸々は無視して、とりあえず弱点に関するの数の計算をしてみました。

──────────────────
攻撃タイプ
効果がばつぐんな数:効果がいまいちな数

『ノーマル』0:3
『ほのお』 4:4
『みず』  3:3
『でんき』 2:4
『くさ』  3:
『こおり』 4:4
『かくとう』
『どく』  1:
『じめん』 :3
『ひこう』 3:3
エスパー』2:3
『むし』  3:
『いわ』  4:3
『ゴースト』2:3
『ドラゴン』1:1
『あく』  2:3
『はがね』 2:4

防御タイプ
防御出来る種類:弱点を受けてしまう種類

『ノーマル』1:1
『ほのお』 :3
『みず』  4:2
『でんき』 3:1
『くさ』  4:
『こおり』 1:4
『かくとう』3:2
『どく』  4:2
『じめん』 3:3
『ひこう』 4:3
エスパー』2:3
『むし』  3:3
『いわ』  4:
『ゴースト』4:2
『ドラゴン』4:2
『あく』  3:2
『はがね』 12:3

防御出来る数と弱点をつける数:弱点の数と効果がいまいちな数
両方の合計値 さらに差分のスコア

『ノーマル』1:4  -3
『ほのお』 9:7  +2
『みず』  7:5  +2
『でんき』 5:5  ±0
『くさ』  7:12 -5
『こおり』 5:8  -3
『かくとう』8:7  +1
『どく』  5:7  -2
『じめん』 8:6  +2
『ひこう』 7:6  +1
エスパー』4:6  -2
『むし』  6:9  -3
『いわ』  8:8  ±0
『ゴースト』6:5  +1
『ドラゴン』5:3  +2
『あく』  5:5  ±0
『はがね』 16:7 +9
──────────────────

こうして純粋な数値面だけを見てみると…

攻撃面で優秀なのは4種類の弱点をつける『ほのお』『こおり』『いわ』
特に優れているのが5種類の弱点をつける『かくとう』『じめん』
中でも『じめん』はばつぐん5種類に対していまいち3種類と最高の評価。

防御面で優秀なのはダメージを防御出来る数と弱点を受ける数の差分が少ない
『みず』『でんき』『どく』『ゴースト』『ドラゴン』

特に防御5種類・弱点3種類の『ほのお』は非常に優れてます
特筆すべきは『はがね』で、なんと12種類の攻撃を半減出来る驚異の鉄壁ぶり


差分スコアを見てみると…

攻防において総じて優秀なのが『ほのお』『みず』『じめん』『ドラゴン』
といったところ。

とびぬけて残念なのが『くさ』タイプ。
普段ポケモンやらない僕でも、界隈で色々とウワサは聞いていましたが
まさかここまで脆いとは…

上記の数値では微妙でも
『どく』は嫌らしい状態異常を兼ね備え
エスパー』は全般的に所持ポケモンがとくこうの高い傾向にあり破壊力ばつ牛ンかつ特殊効果も素晴らしい。
『こおり』もドラゴンへの切り札であり、追加効果も強力無比
『ノーマル』は対応する技の汎用性高し

などなどそれぞれ利点が結構あるんですが
なんか『くさ』っていいところありましたっけ…
ん…うん…

まぁツタージャは可愛いし…
う、うん。