へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

雑多文章録418 三日も更新しないとか甘えだよね。

昨日、人生で初めて、おろしがね使って物体をすりおろしました。

三国志大戦のランカーでもあり現LoVランカーである
ドエライお方がいるんですが最近その人のおうちに良く遊びに行きます。
まぁパチュリーっていうんですけどね。
そこで昨日は水炊き鍋をみんなで作って食べたんですが
僕の役割分担が「しょうが・にんにく」をすりおろす というものでして

最初は こんなの楽勝だろうがw って思ってたら
これが案外重労働なんだわ!

ショウガを固定して、おろしがねですりおろしていくと
1分たたないうちに乳酸が腕にたまっていき
正直、3分くらいで「やべぇもう限界」ってなってたんですが
「まゃんさん。ショウガ一個追加で、にんにくは12個あります」
という言葉に久しぶりに絶望味わったw
この絶望感、学生の頃以来だったわwww

しかし、腕を固定してすりおろすコツを掴んでくると
不思議と疲れがなくなった件。
にんにくは余裕だった。

まぁ皆で一緒に作って一緒に食べる御飯は美味いですね。
鍋番の腕もあってか非常に美味な水炊き鍋が出来上がりまして楽しかったです。

【ついでにゲー録的にゲームの話でも】
戦国BASARA X の動画やら説明やらを見て超ビックリ。
AC北斗の拳で世紀末が極まったレベルかと思ったらその上を行っていた。
トキ以上の強さのキャラとか初めて見ました。

殆どのキャラに実戦で狙える永久コンボやハメが完備されているってやべぇw

特に伊達政宗ってキャラに感動。
「弱すぎてゲームそのものに参加できていない 」
「決してメインで使ってはいけない、 使うことそのものが舐めプレイ」
「相手によっては立ちA連打されてるだけで負け」

という凄まじさ。

僕も自分の使ってるキャラが 弱ぇ とネガティブになることはあるんですが
伊達政宗を見たらそんなの甘えだと感じましたね。
僕も頑張れそうな気がします。