へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

ゲー録342 there is no such thing as society

車輪の国、向日葵の少女クリア。
2~3ヶ月かけてゆっくりと取り組みましたが
シナリオの出来の良さに驚きました。
こういう作品があるからパソゲはやめられないですね。

まさに泣きゲー 良作シナリオゲーム
最後の方は落涙注意警報が鳴りっぱなし。
そして、そうきたか!と驚く伏線の数と回収法。
作品中の架空の社会と、度々比較される我々の現実の社会(作中ではSF小説の話となっている)に
考えさせられる一面もアリ。

読み物としてもとてもオススメできる作品なので
是非ともプレイしてみてはどうでしょうか。

コンシューマ移植もされるようです。

さて、次は何をやろうか。