へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

ゲー録323 LoVレナスパワーズデッキ

どうも。久しぶりの更新かよとおもいきやLoVの話で
全くわからない読者の方には焼き土下座せなあかんですね…


原作ゲームの人気もあいまって、レート最高峰のレナスですが
やっぱり生かすにはちゃんとレナス主軸の形を整えないと
中途半端なスペックの頼り無いカードになってしまうわけです。

そもそも25コストでHP445 DEF55は20コストのペガサスよりも脆い数値なワケで。

そんなわけで、俺がVerUPから今に至るまで使ってるのが
主光 レナス パワーズ 玄武 ペガサス フェニックスの光付与バランスデッキ。

レナス型をメインに戦ってるランカーってのは今のところはいないので
俺がこのままランカー入りすると(というか通算ランクに入ってる日もあるからあながちランカーといっても間違いではない気がするがちょっと自重して)初のレナス型ランカーになるわけですが2009年4月28日現在俺はランカーではありません(涙

実際デッキバランスは非常に良好かと思います。
現Verでバランスよく勝つにはそれこそ神族は愛染明王型くらいしかないわけで
戦闘型神族で勝とうとすると、いくらか捨てないとならない相手が出てきます。

このデッキではリゲル機甲を完全に捨てているわけですが
それ以外の相手には付与コンボもあり十分に戦えると思います。
レナス型にすると、誰が考えてもこの形に落ち着くんじゃないかな。

───────────────
このくらいだとつまらないので上記のデッキでの
具体的な種族別の戦い方でも書いてみようかな。
相手から見たらこちらの手の内を明かすようなものだけど
戦闘型神族に生きる他プレイヤーの糧に少しでもなれば。

★対 ベルゼバブorレオナール入り6枚魔種
想定デッキ:
ベルゼバブ バハムート サキュバス マンティコア メデューサ ヒッポグリフ

シールド交換はせず、初手ぶつかり合い。この時少し時間を稼ぐ。
ペガサス+フェニックス組と主人公+玄武組の二手に分かれて交戦する。
この際、玄武の攻撃で相手全員を巻き込む事。
また、相手のベルゼバブの攻撃にペガサスが巻き込まれないように広く散開する事。
相手側は、被害拡大を恐れて十中八九、玄武側を狙ってくるので
玄武の体力が150を切ったところでためらわず玄武サクリファイス

状況1.相手がベルゼバブサクリファイス
→サクリ玄武の攻撃で、ベルゼを狙いつつペガサスのヘビースタンプ
 キモがこのヘビースタンプで、サクリしたベルゼ相手でも180超のダメージ。
 これでエクセレントを確実に取って、メンバーに余力があればシールド封印。
 ボロボロなら、適当に巨大化玄武罠を設置して戻る。
 ここでエクセレントを取りリードしないと、7割方負けです。
 リードを取ったら、パワーズ付与PTに切り替えて適当に交戦して
 タイムアップ狙い。ベルゼバブが出てくるタイミングにあわせて
 必ず付与コンボか、ヘビースタンプかどちらかで即、ベルゼバブを落とすように
 徹底しないと戦闘負けして終了です。

状況2.相手がサクリファイスをしない
→エクセレントコース。そのままシールドを取得して中央アルカナを制圧。
 相手が出てくるようなら、巨大玄武罠から2回エクセレントを取って
 さらにリードを広げて下さい。
 後は相手のベルゼバブサクリファイスでこちらが全滅しないように動けば
 初手のリードを守ったままタイムアップまで粘れます。

注意点として、このデッキを相手にするときは
欲張るタイミングと、欲張らないタイミングのメリハリをつけることです。
欲張る───要するにエクセレントかつ、アルカナ制圧をするのは
初手~中盤戦までの間。

中盤~後半は欲張らず、適当に交戦して切り上げてリードを保つことです。
相手は6枚型なので、中盤以降に無理をしてこちらの体力を削ってまで
エクセレントを取っても2ndPTがフルメンバーで出てきて不利になるだけだからです。
初手でリードを保たないと、ほぼ負け確なので精神的にはつらいですが
セオリーに嵌めればそこそこ安定した勝利が望めるでしょう。

初手シールド交換は愚策です。
相手のゲージが溜まれば、ベルゼバブなら攻撃力ダウンでこちらの
サクリファイス時の攻撃力を殺がれてしまいます。
レオナールなら、サクリ合戦時に超巨大罠を置かれる危険性あり。
そもそも2速シールドと3速シールドの時点でシールド交換は得策じゃありません。

但し、サクリ合戦に持ち込まない算段で
中央合戦で確実に玄武罠を当てる自信があればシールド交換はアリです。
もちろんその場合、こちらは中央アルカナで割り待ちです。
この戦法は、相手に闇がいない6枚魔種の時には機能しやすいです。

★対 リゲル機甲
ああー上の魔種対策で非常に疲れたのでもう適当に書きたい。

リゲル機甲?んなもん初代スト2のガイルVSザンギみてーなもんだぞ
諦めろ!!

といいたいですが、勝利の可能性を捨てないアナタへ。
実践して勝てる確率は、極僅かですが、可能性はあります。

では本題。
開幕、相手は100人中99人が リゲル+アルタイル+ベガで来るでしょう。
それ以外のPTで来たらよほどの奇策使いか、またはただの雑魚なので適当に倒してください。
こちらの1stPTはいつも通り ペガサス+フェニックス+玄武です。

さて、このPTではまず少し時間を稼いでOKとヘビースタンプを溜めて下さい。
やる事は
・アルタイルを落としてゲートへ帰る
・必ず玄武以外の使い魔を1体生還させる(ペガサスorフェニックス)
というもの。
スタンプとOKで全力でアルタイルを落としてください。
ラグとか、マーカーミスでアルタイル以外の敵に技が当たったらその時点で終了。

※ここで相手のアルタイルサクリが考えられます
 その場合、ペガサスサクリでアルタイルを確実に落としてください
 出来なかったら負け確です。

次。
相手は控えのアルカナ持ち+リゲル+ベガで来ます。
アルカナがいなければ逃げつつ制圧合戦に持ち込んで勝利ですが
アルタイル一枚だけの機甲はそうそうお目に掛かれません。

なのでアルカナ+ベガ+リゲルと想定。
ここでやることは、ずばりパワーズ付与からのコンボでエクセレントを取る事です。
(正確には、ベガとリゲルを確実に殺すということ)
相当厳しい上に、ベガ罠を踏んだら終了という魔界村級難易度。

ここまで一通り終えたら、最後の関門。

・相手のアルタイルを、ペガサスのスタンプとOKで撃墜
・リゲル+ベガPTを付与コンボで倒す

これの繰り返しでタイムアップ狙いになります。
ちなみにこちらは以上の行動をワンミスでもしたら負け確です。
超魔界村プロフェッショナルモードも泣いて謝る最高難易度です。
諦めないアナタは、是非挑戦してみてください。
物凄く疲れます。

勝つ可能性は僅かにあるが、奇跡に近いというのが
リゲル入り機甲相手ですね。

亜人6枚型
上の2つの記事で物凄く疲れたので適当に書きます。
まず、アサシンが絶対入っていると思うので大きな被害を覚悟しないといけません。

「序盤~中盤にかけて相手を1~2体落として引き返す」
というのを何度も繰り返して、こちらが速度差で有利に立つ事が求められます。

痛みわけを繰り返すと、そのうち相手の2速がゲート戻りの仇になってきます
こちらは素早く2陣を繰り出して、相手のストーンを1~2回でもいいので割ります。
後はその1~2パリン差を維持しつつ痛みわけを繰り返すのが基本戦術。
相手にシールドをくれてやっても構いません。
但し、相手に絶対ストーンに乗らせない事が条件。

尚、付与+OK+ヴァレスティのコンボで殺すのはアサシンではなく
ラースジャイアントで。
基本に忠実に高コストから倒すという戦法が有利です。
但し、こちらのフェニックスが生存中+相手のアサシンが双影斬を撃つ前に
付与コンボで殺す自信があるならアサシンを倒しても構いません。
こちらはフェニックスの攻撃でラースを焼けばいいので。

確かに、アサシンの被害も大きいのですがラースジャイアントは30コスト分の
戦闘力を保有しておりアサシンに勝るとも劣らない被害を出してきます。
相手からみれば、10コスのアサシンが落ちてもさほど痛くはないですが
30コスト分の壁が落ちる事は大きな不利につながります。
そういった面を見ると、付与コンボはラース狙いが鉄板です。

尚、相手がドワーフを出してくる場面になったらエクセレントコースです。
欲張って行きましょう。


★他 レナス付与型を使うに当たって

まず、パワーズ付与がその場面で本当に必要なのか?
この判断をつけることも大事な要素のひとつになります。
付与をつけずに倒せるなら、付与を取っておくことが大事。
何しろ、付与は30秒+Waitタイムが必要な大技なのです。
ここぞ、という局面を見極められるように目を肥やす必要がありますね。

レナス付与型は、スペック面で見たらさして優秀ではありません。
せっかく付与しても、ATK50複数があるだけ。
同じ付与でも魔種なら、ATK70+攻撃号令まで備えているので
見劣りするのは明らかです。

勝つためには、ありとあらゆる状況に対応する経験値が必要だと思っています。
1500戦こなしている自分でも、まだまだ対応できない場面があります。
ただ、時代の風についていってないデッキで勝てた場合の喜びはひとしお。
愛染型には無い、神族戦闘型の奥深さを味わえることでしょう。


と、キレイにまとめてみました。
次Verあたりで神族戦闘型に再びスポットがあたると思うさ
気長にがんばりまっしょい。