へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

ゲー録317 ~神々への離反~LORD of VERMILION 神族追加カード考察

アクセス解析で 「LoV やる夫」で検索しに来られる方が増えています。
ここで重要なお知らせです やる夫で学ぶLORD of VERMILIONシリーズですが
神々への離反Verアップに伴い、神族を取り巻く周辺の環境がガラっと変わり
作者自身、現Verの環境調査もまだ済んでいない為、暫く休載いたします。

「LoV デッキ フレイ レナス」などで検索に来られる方が多いので
今回この二人を使った神単のデッキレシピなんかを紹介していきたいと思います。

これらは今回のVerで 勝利を多く取りに行く為のデッキです
ですので相性的に3:7近くついてしまう相手デッキも存在するのですが
現環境でそれらの悪い相性がつく相手は少ないです。
要するに、現在流行中の種族に対して相性が良いデッキです。
相性の良い相手に当たったら必ず勝ちに行く、くらいの気概を持てば
かなり勝ち越しできると思います。
あとは腕次第ですけどね。

ではフレイやレナスを組み込んだ自分のデッキレシピを紹介します。

と、その前に。
現在の流行の種族を自分の過去94戦のマッチングメモの中から
紹介していきたいと思います。

神族20マッチ 魔種26マッチ 不死21マッチ
海種 8マッチ 機甲 5マッチ 超獣 6マッチ 亜人 8マッチ

闇弱点計:20
撃弱点計:26
光弱点計:21
雷弱点計:13
炎弱点計:14


上記より、特にデッキに入れるべき属性は
まず「撃」次点で「闇」「光」一番警戒しなくていいのが「雷」
次に「炎」となります。

神族は闇属性がいないので闇武器を持ちたくなりますが、ちょっとまって。
現在の環境、神族は、神族に対抗するほどの余裕が無い状況です。
理由はいわずもがな、各種族への強力な闇カード追加によるものです。

なので、同じ神族相手が「闇」武器を装備している確率は低いのです。
上記より、あえてここは「闇」武器をスポイルしてかわりに「炎」武器を持ちます。

神族相手で、両者闇ピアがないなら腕前の勝負となりますが
現在流行の兆しのある超・亜は強力な闇…超にはケンタウロスハーピー
亜人にはアサシンがいます。特にケンタ・アサシンは単体闇大ダメージ技持ち。
こうなると単純に腕前だけで覆せない状況に追い込まれます。

さて、長くなりましたがそれではデッキを紹介。

□レナス型:主人公炎武器
光25/レナス  4速ゲート
撃20/ペガサス 4速ゲート・サーチ
撃15/玄武   2速シールド
光15/パワーズ 4速サーチ
炎15/フェニックス 4速ゲート・サーチ(アポロンでも可!)

・戦い方。
流行中の不死セレブ↓ に対しての圧倒的な説得力のレナス。
(ブラムス・ダンピール・重装暗黒騎士・リッチ・レザードヴァレス)
不死相手にはレナスを後衛に大事に守りつつ複スマでダメージを稼ぎます。
何よりレナスの生存を第一に考えること。
罠持ちから撃墜すると展開がラクです。不死側から見れば、なんとか時間を稼ぎ
ダブルトラップからのゴリ押しこそが活路を見出す手段ですので
そこを封じるのが第一。アルカナストーンの上には乗らせないように。
罠の範囲はブラムス・重装暗黒騎士どちらもかなり広いです!


魔相手にはフェニ・玄武・ペガで出撃します。玄武・ペガは後衛で
フェニックスと主人公を前衛に出してしまいます。
相手のガーゴイルorレオナール、ベルゼバブを集中攻撃で落として
こちらは撃持ちを生存させつつジリ貧に持ち込むのが狙い。
必要なら玄武開幕サクリで敵エクセレントを取りシールドを奪取
そのままストーンに罠を置いて相手2陣まで全滅させるのも有効です。

超・亜相手には主人公のOK+ペガサス+レナスの技でのキーカードのピン狙い。
フェニックスが八面六臂の大活躍をします。絶対に落とされないように後衛で運用。
フェニックスサクリで超無双できますが、相手のケンタウロスサクリには
絶対に勝てないので無理せずに引く事が大事。
幸いコストの関係でフェニックスサクリは長持ちなのでそこを有効利用。

海・機相手にはキツイ展開となりますが、現状マッチング率は低いです。
BPTのパワーズ+レナスでの弱点付与コンボに望みをかければまだ勝ち目はアリ。
特に機甲ならアルタイルを即落とせれば五分くらいになります。
リゲル入りはもう事故なので勝つ事より抵抗する事を考えましょう…

海なら現状、みずち+ニクサーまで入れている人は少ないので
どちらかの闇属性を撃墜できれば勝機あり。
但しオケアノス+テティスなど弱点でなくともバカに出来ない戦闘力の
コンビネーションがあるので要注意。

対神族も問題。
現状の環境から愛染型の生き残りが多数おります。
というかマッチする神族が殆ど愛染型なんてことも。
愛染型は「石を奪ったほうが勝利というこのゲームのルールを制するのに非常に強い」タイプのデッキです。ぶっちゃけると 強い、ということ。

セオリーに忠実にサーチをこまめに直しつつ、相手を一体落としては帰る
というのを繰り返し、盲目状態からのユニケト特攻は絶対に防ぐ事。
相手のペガサスや愛染明王を落とし、コスト10を出さざるを得なくなった時に
こちらの高コス軍団をぶつけてエクセレントを取るか
相手をぼろぼろに追い込みたいところ。
但し、ここで注意しないと相手がすぐにセルケトを出してきて石を奪われます。
「相手の第一陣を倒すか追い払って、セルケト入りの二陣はきっちり倒す
 どちらもやらなきゃいけないのが、対愛染デッキのつらいところだな」
ってブチャラティも言ってた。
正直相手にするのがしんどい…


あ・・・!フレイデッキの紹介忘れてた!
レシピはこうです!

□フレイ型:主人公炎武器
光25/フレイ  4速ゲート・サーチ
撃20/ペガサス 4速ゲート・サーチ
撃15/玄武   2速シールド
光15/ミネルバ 4速ゲート
炎15/フェニックス 4速ゲート・サーチ(アポロンでも可!)

運用方法としてはオーディンデッキのようなもの。
フレイのDEF75を生かしてしぶとく戦いましょう。
単スマが好き!という人は是非このデッキを。
不死相手にはミネルバの光輪剣連発でなんとかなるよ。

このデッキは、レナス型以上に
海・機・愛染が事故です。要注意。

と、今日はこのへん。

今称号11たくまゃん。
来週中に12になってみせるよ(・ω・)/