へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

雑多文章録171 夜勤ドゥーエ

以前にも似たようなタイトルで書いたような気がする…

今月からぼちぼち夜勤で仕事するようになりました。
五月の仕事が殆ど夜勤だったけど、あの頃は仕事の雰囲気になれる為に職場で座ってただけで顧客対応とかしなかったから仕事とはいえんかった。


とりあえず夜勤の時は二人しかいないのが辛い。
17:00~翌10:00までの労働2時間休み。
15時間とか働いていいんだっけ労働基準法
休憩はいってればいいんだっけ?ボクわかんね。



片方が休憩はいると、必然的に職場には一人しか残らなくなります。

この一人の時間が、今までの人生で一番生きてないと感じた時間でした。



先輩「じゃ、おれ休憩するから。一人でも大丈夫でしょ。変な問い合わせこなきゃもう殆ど対応できるでしょ?」
私「…あ、あ、はい、休憩どうぞ」


殆ど対応できるって…いや殆どの問い合わせ他の人の指示仰がなきゃ全然出来るレベルじゃないんですが。
社内に送っているウチの今までの対応履歴とか見てくれているのか…


で、変な問い合わせ来なきゃ大丈夫だっていってもこの時間(朝5時)に来る問い合わせの9割が変な問い合わせじゃないですか。



先輩の背中を見送る僕。




さぁ、さっそく素数を数える時間がやってまいりました。



不安とか憂鬱とかを固形物にしてお腹の中に重しみたいに詰め込まれているような気分のちっとも自分が生きていると感じない2時間のはじまりです。




「規定時間内に顧客まで連絡する必要のある仕事」の通知が、僕の座ってるデスクに入ってこないので常に5分置きに隣のPCの保留案件をチェック。
ちなみにその顧客連絡の対応、まだ数社しか対応したことがないので、この数社以外の案件で仕事が入ってきたらその時点で死。


とりあえず電話音が鳴り響いて通常顧客ランプが点滅してたら死。

電話音が鳴り響いて得意先顧客ランプが点滅してたら当然死。

顧客ネットワーク監視アラームが鳴り響いても死。



あたり一面にが転がっている世界。


スペランカー先生もこんな気分だったのでしょうか?


なんだ!万が一があっても休憩中の先輩に聞けばいいんだ!

先輩問いあわせが!→仮眠中の先輩起きる→貴重な休憩時間邪魔された&寝起きで機嫌悪い&何でこんなのも対応できないの?→先輩激怒→


ってなるからやっぱだめだ。


職場には僕しかいないので、某ヒットマン事件簿なんぞ読みながら必死に気分を落ち着かせようとする僕。
ひたすら何もないように祈り続けるしかありません。

ロープで吊るされてる剣がいつ自分の頭上に落下してくるのか…
ガチでその気分でした。


結局この日は、先輩が来るまで何も問い合わせが来なかった!
うわぁあああ生きているって素晴らしいよ!素晴らしいよ11!1ぉlmmぼあ

この日はその後、2時間ほど残業して解放されましたよ。
うん、生きてて良かった…


………あれ?今月あと3回も夜勤あるんだけど???




?!?!???




最近、シャレにならない本気で憂鬱な事すらネタに出来るのが僕の強さかもしれないと思い始めた。
シットファック!