へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム&クソ日記。04年12月開設のブログを18年にこちらに移管しました。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

ゲー録154 「FF12でるよね」←この文章をみさくら風に変換しなさい 配点:5点

漠然と出る、としか情報を聞いたことがないんですが
FFシリーズの最新作がそろそろ出るようですね。

11以外全てのFFを所有している僕ですが物足りなくなったのは7からだったなぁ…なんて漠然と思いました

小坊中坊の頃の僕は獄中の人みたいに暇持て余しだったので、気に入ったゲームは最低3回くらいクリアするという変な病気を持っていたのですがプラットフォームがPSにうつってからのFFは2週目をやったことがありません。

確かに7以降のFFも、プレイしている瞬間は面白い 映像も当時では凄かった、8をプレイしている時は美麗なCGに興奮した「ああ、僕は今最先端のRPGを遊んでいるんだな~」と非常に感動していた。
マテリアにドローといったシステムも挑戦的で、効率の良い攻略法を探すために色々と遊んだ。

んーでも何故だろう 遊んだあと、心が離れていくスピードもまた人類が十進法を採用する並に早かったのだ。

同じくらいの時期に遊んだ3や4、5、6はいまだに僕の心を捉えているのに。


真上から描かれたドット絵の世界の方が、僕の脳みそには残りやすいのかもしれない。
3DCGで描かれた複雑な町並みはちっとも思い出す事が出来ない。
僕って単純なのかな


久しぶりに3とか5とかやってみると、シナリオがこれまた青臭いというか、いかにもゲーム然としていた
当時遊んでいた僕は違和感など感じなかったのに、現代のRPGをプレイしてきた今の僕が昔のゲームを遊ぶと、”いかにもゲーム”というようなシナリオの展開やセリフ回しは背中がこそばゆくなるような感覚を覚えてしまう。


どんなルールがあって、どんな線引きをもって「ゲームらしい」とあらわす事は出来ないんだけど、なんとなくゲームらしさ、ってものが薄くなってるような気がするんだよね。
もともとはゲームなんだから、ゲームを超えるってのは出来ないハズだ
最近のゲームはゲームを超えようとしているんじゃないかな



どうでもいいけど早くディスガイア2発売してよね
でないとそろそろ三国志大戦で金が尽きちゃうだろ。

メガ周瑜デッキにしてから勝率35%→43%まで回復するも昨日対人5連敗…
(´・ω・`)あも…