へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

ゲー録135 オーケストラ感想

結局買った。
ガンパレード・オーケストラ
今回の感想は戦闘システム中心。

前作、GPMと違って戦闘がアクション。
しかも前作みたいな実験的混合小隊ではない為、最初から士魂号に乗れない。(配備されていない)
配備されてるのは微妙な性能の戦車とウォードレス
ガンパレ世界観を楽しむという意味では良い試みだろうけど、士魂号に乗りたくてしょうがない人にとっては煩わしいかもしれない。

後、戦闘がアクションだといっても、戦術要素が強いアクションになっている
爽快感を求める人には全く不向きな感じだ
これはファミ通で戦闘がもたついてるといったレビュワーは正しい。
正しいのだが、それは普通のアクションゲームを求める人の視点だ。

ガンパレらしさを求める人にとって、下手に全体的に俊敏なゲーム性のある戦闘システムにせず、戦略的な感じにしたシステムは素晴らしいし、戦車の砲塔旋回速度や移動速度など中々にリアルである。



小説版ガンパレを愛読している僕は、最初敵幻獣にミノタウロスが出てきた時死を覚悟しました。
歩兵のマシンガンじゃ撃ち抜けない装甲、強力な前肢による突撃にくわえ生体ミサイルまで持ってる化けもんという感じで描かれていたからだ

まぁゲーム中では戦車で周囲を旋回しつつ、砲塔を回転させて砲撃をくわていたら撃墜できたのだけど。
あのミノ助を装輪式戦車で撃墜!
照準の移動、ロックオン機能などを駆使し幻獣を撃墜した時の快感はでかい。
撃墜戦果はそのまま発言力や技能経験値に換算されるのがいい
普通に技能訓練したらかなりゲーム内時間を使わなければならない。


最初は早く士魂号に乗り換え、小説版の壬生屋みたいに前線で暴れてみたいもんだと思ったが、今は戦車が気に入ってしまった
あ、でも空中浮いてるスキュラとか倒せなさそう…


戦闘で活躍していくと激しい戦区に送られる模様
ああ、キメラ相手にするのも実は怖いのにスキュラなんて無理だよ あぁう…


とりあえず前作と違う部分50%似てる部分50%の感じ。ガンパレファンは新作だし買うべき。
一般ユーザーは、クセのあるゲームを求める人には推奨できる。
フライトシミュレーターとか、ああいうのが好きな人にも薦められると思う。

とりあえず僕は戦闘が楽しい。
楽しく感じない人と賛否両論激しそうだが…

小説版読んでるから、中型幻獣撃墜するとすげー気分がいい
目指せ装輪式戦車のエースアタッカー。