へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

うはwwおkww

うはwwおkww で検索するとここが何と9番目に表示されるじゃないか!

俺はうはwwおkwwがうはwwおkwwってくらい大好きうはwwpkwwみすwwおkww


よし、じゃあ───

今日はラグナロクオンラインにおけるうはwwおkwwな昔話をしようか…




あれは────俺が剣士の頃だった───うはwwおkww

俺はあの頃ラグナロクに正直飽きていた───うはwwおkww

そして、はじめてVit騎士を作ろうと決めたんだ───うはwwおkww

俺はAGI職しか作らなかった───うはwwおkww

だから普段絶対やらないようなVit職をやれば、世界が変わると思った───うはwwおkww


まず、俺はレベルを剣士のまま70まであげた。───うはwwおkww

そして、PVPに通いはじめた。剣士だから、皆がイジってくれた。
友達もできた。楽しい日々だった───うはwwおkww

ある時、テロが発生した。そのソロ騎士は猛攻で周囲の仲間をなぎ倒していく・・・なんて耐久力だ。俺の友達はどんどん殺されていった。俺は震えて見ているだけなのか───うはwwおkww

俺は挑んだ。騎士が相手だった。俺は剣士だ───うはwwおkww

回復財を連打しつつ、Tbdグラのバッシュを叩き込みまくった
「剣士さん!がんばれーーー!」「負けるな!○○○!(俺のキャラ)」
倒れた仲間が俺に勇気をくれる!───うはwwおkww

そして奇跡が起こった───うはwwおkww

その騎士は倒れた───うはwwおkww

俺は勝鬨をあげた 「討ち取ったぜ!」と ───うはwwおkww


だが、それがいけなかった。


Gチャット「ちょっとちょっと○○○(←俺のキャラ)やばいぞ!」
俺「どうした!?」
Gチャット「さっきの騎士が控え室でお前の名前呼んでる!殺すらしい!」
俺「───うはwwおkwwッうぇwまじかよwww」
Gチャット「に、逃げろーーー!やつは98BSでくる!!」
俺「───うはwwおkww」

次の瞬間、目の前にBSが現れた

メマーナイト!1098!
メマーナイト!1101!
メマーナイト!976!

───うはwwおkww 俺は死んだ。


今でも俺はそいつの打倒を目標としてレベル上げに励んでいる。
俺は今までなら絶対やらないようなVit騎士を転生させた。
ロードナイトでヤツを倒すため・・・!!



しかし、俺のロードナイトはステとスキル振りを致命的にミスったのだった。


───うはwwおkww