へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

雑文乱舞1「信者目線からの脱却」他

取り留めもまとまりも無い雑文はTwitterに吐くべきじゃねとか思いつつもBlogでやっても良くね?とも思うので日々適当に思った140文字越えそうなやつを書いて置いとく感じのやつ。




【信者目線からの脱却】
僕はゲームのレビューしたがりである。
基本的には好意的な目線から作品の魅力を伝えたいという方針があるが、好きなシリーズ作品のレビューをする場合には信者目線からの脱却を心がけている。

あまりにも強く肩入れしていると、代わり映えのしない凡作に対して「従来のシリーズが持つエッセンスを忠実に継承した正統派」、シリーズの味が失われた奇作に対して「ファンの予想を遥か超えるのがこのシリーズの醍醐味」といくらでも綺麗な言葉で欠点を覆い隠してしまえるからだ。

そのシリーズのその作品がどうしても好きならば「オレ好み」という言葉で好意を示せばいい。プレイしていて「ちょっと違うな」と思った部分に無理やり語彙を巡らせて美しく繕い語る必要はない。




Googleクチコミ】
最近のマイブーム。
自分が訪れた店やら場所にGoogle Maps上のGoogleクチコミを書きまくってる。

この時こんな場所行ったっけな…って自分の軌跡になるし、自分のプロフィールからクチコミ一覧に飛ぶと地図上にクチコミを書いた場所が可視化されるのでなんか面白い。俺こんな遠くまで行ったんだ?とかなったりね。

自分はそういう遊び方してるだけであってクチコミ自体は全然アテにしてない。
クチコミを書くにあたって、見るようにもなったんだけど、これマジで言ってるのwって内容が結構書いてあったりしてびびる。
「私は人種差別しないのですが店主が●●人で●●語を喋っていました」と書いて星1評価とか「スープ飲み干したら器の底からゴキ●リが出てきました!」で星1とか。まじ訴えられても知らねーぞって感じの怖い内容が、近所の店から数件見つかるくらいなので…。

私怨で幾らでも星1付けられるしその逆も然りよなぁ。




【フリースタイルティーチャー】
ダンジョンの後釜番組。
少し見たんだけど、番組テンポが微妙で継続視聴は…どうしようかなぁって感じ。
ダンジョンの番組構成って上手かったんだなって思った。

芸人側の参加者、ラップ大好き芸人という事らしんだけど名前以外殆ど存じ上げず。
我の無知か~無知なのか~。
ラップ好き芸人という事であばれる君とかアルピー酒井、とろサーモン久保田あたりちょっと絡んでくれたら見たいんだけどなー。

ラッパー講師陣は「教えるの上手そうな人選…」といった納得のメンバーで笑いました。呂布カルマも塾講師やってたはずだから講師陣にいても良さそうなのにって思ったけど、ラップを教えてるイメージは全然わかないw
そういえばACEもラップスクールやってたはずだけど…

まぁとりあえず一生見てた番組が無くなるのってこんな寂しいんだな、って痛感。




今日はこの辺で。