へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

フリースタイルダンジョンありがとう

ここんところゲーム以外の更新が続いているけどまぁそんなにゲームネタがないんだな。
最近はFF14に復帰して熱が戻ってきて夢中で遊んでいる。
あと面白いのはLibrary Of Ruinaかな、これはそのうち紹介したいな。



www.j-cast.com



長い間視聴し続けたラップバトル(MCバトル)番組がついに最終回を迎えてしまった。
終了理由は中々ブラックなものなんだけど、HIPHOPカルチャーとそういったものの結びつきは非常にデリケートな歴史があって、僕みたいな素人が仔細を語ったり指摘したりどうのってのは野暮な気もするから何も言わない。


僕が音楽のジャンルとしてラップの存在を初めて意識したのは16年前、アニメGANTZのOPである「Super Shooter / RIP SLYME」を聴いてから。その後SOUL'd OUTに熱中したりもしたので、ハマる下地は出来ていたのかもしれない。

番組のラスボスを務める「般若」が赤ちゃんに幼児退行しているという不思議なワンシーンのキャプチャーに興味を惹かれて、ふざけ半分で視聴を開始したフリースタイルダンジョン。なんだかんだ欠かさず毎週見るライフワークの一つになっていたし、同番組に興味を持ったかつてのゲーセン仲間が何人か一緒にハマり、彼らと一緒に定期的に仲間内のサイファーを開いて楽しんだりもした。

最初はMCバトルの持つ「知的さ」がクールに感じて視聴を続けようと思った。僕はTRPGをかなりの頻度で遊ぶのだけれど、MCバトルがTRPGの持つ「即興性」に通じたものを持っていて、そこが非常に興味深かったという理由もある。

そのうちバトルを見るだけではなく出演者や他のラッパーの音源を買う事にした。HIPHOPの奥深さに触れる事で新たな感受性を得る事が出来たと思う。苦しい時は「JOY&PAIN / 紅桜」をリピートして前向きな気持ちを呼び起こしてきた。


MCバトルはHIPHOPから発祥したあくまで一つの文化に過ぎないが、同番組が大衆に与えた影響は大きいと思う。本当に意義のある番組だったと確信している。

終わってしまう事が今はただ悲しい。三代目モンスターの持ち味が出てきて、これからもっとバチバチなバトルが見れるかなと思った矢先の番組終了だ。
この番組のお陰で色々な楽曲を知る事が出来たし、一緒にハマった友達と楽しい会話やサイファーが出来た事は人生の素敵な1ページになった。

フリースタイルダンジョン、今まで本当にありがとう。



余談だけど
この番組で僕が一番好きなバトルはseason4 Rec1-3の「ONE a.k.a ELIONE vs 崇勲」
両者ともキレキレで半端なくてマジでハイになれる。