へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム雑日記。ライブドアブログから移転してきて日が浅いです。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

クイズ光の戦士!回せ・ルーレット!

f:id:sizaemon:20190326185936j:plain

グラ●ルはたのしいなあ!
ガ●ャピンとム●クだいすき!



f:id:sizaemon:20190326190015j:plain







f:id:sizaemon:20190326190119j:plain



初めに選んだジョブ竜騎士がレベル上限の70に到達。
このままレベリングルーレットを続けるのは経験値が勿体無いので違うジョブを遊ぶ事にした。

僕が次に選んだジョブはパーティーの回復役白魔道士だ。

f:id:sizaemon:20190326190402j:plain
今までがむしゃらに槍を振るい、立ちはだかる敵を傷つける事に躍起になっていた僕に、癒しの担い手たるこのジョブが務まるのだろうか。僕は…この血に濡れた手で、他者の血と命を預かろうとしている。…それでもやるしかないだろう。次は傷つける為ではなく、どこかの誰かを癒やす為に。

ここから白魔道士編が始ま

f:id:sizaemon:20190326190656j:plain

うおーーー機甲士楽しいなワイルドファイア楽しい コナミワイファイワールド ワイのワイファイワイバーン ワーイファイ ワーイファイ きこうしさーんだよー



ここでFF未プレイヤーへ素敵な仕組みを説明!FF14に搭載の素敵システム「ルーレット」とはなんぞや?!


ソシャゲにおけるデイリークエスに該当するもの。

自キャラの進行度で挑戦可能になっているコンテンツ(ダンジョンやボス戦)をランダムで決めてくれる仕組み。

行き先がランダムで決まる代わりに、一日一度だけレベルに応じたボーナス経験値(それもかなり多め)を手に入れる事ができる。

このシステム、かなり絶妙だなと思いました。
理由は次の通り。

(1)ルーレットはメインシナリオで攻略しなければならない全てのダンジョンが対象になりマッチングされるので、初期のダンジョンに挑戦するプレイヤーがおらず新規プレイヤーがゲームを進められないという問題点が解決されている。

(2)ダンジョン毎に最大レベルが決まっており装備品性能もそれに合わせて再設定されるので、高レベルになってもゴリ押しで簡単にクリアとはならない。序盤のダンジョンにマッチングしても適正な難易度のプレイを楽しめる。

(3)デイリークエストといっても、毎日やらないと他の人との競争に負けてしまう!という気持ちにはなりづらく、自分のペースで遊べる。
└→多様なコンテンツがあるゲームであり、レベルカンストは目的の一つでしかないため。高レベルの友達がいても、上述の通りコンテンツ毎にレベルが再設定されるので、自分のレベルが低くても一緒に遊べる。

このルーレットの仕組みの根幹を成しているレベルの再設定システム「レベルシンク」は素晴らしいアイデアだと思います。古参のプレイヤーと新規プレイヤーが同じ条件で遊べるのって画期的だな~、と。ネトゲで初心者と古参プレイヤーが一緒に冒険して遊ぶとなると、古参側が初心者のレベルに合わせたサブキャラを作って一緒に遊ぶとか、古参側が高レベルを生かして初心者側を一生レベリングする、とかでしたからね。

最初の方に行ったきり、二度と行く機会の無いはずのダンジョンを再び適正な難易度で攻略する機会がある、というのも良いです。

普通だったら最初の方のダンジョンなんて経験値も雀の涙だし特別なドロップ品があるとかじゃない限り行かないですもん。

というわけで


クイズ!光の戦士!!

お題:インスタンスダンジョン 四択問題です!

f:id:sizaemon:20190326190948j:plain


問題。コンテンツルーレットでたまに放り込まれるダンジョンです。
クリア出来ないほど難しい訳でもなく、ルーレットで当たったら最悪という訳でもないけれど、点在するボスやギミックがほどほどに不快で、視覚的にもダンジョン全体が目に悪いタイプの緑をしており、ルーレットでここが出てくる度に僕が青汁のCMみたいな表情になってしまうダンジョンといえばどこでしょう?

出題:アバラシア雲海大学闘パイッサ研究会
一般パイッサの正答率32.7%


ライフライン、フィフティーフィフティーを使います!」

挑戦者はフィフティーフィフティーの構え。
ライフラインの効果で、答えを二択に絞ります。


f:id:sizaemon:20190326191432j:plain


かなりの難問です。
ライフライン、テレフォンを使います!」

挑戦者、テレフォンを使います。
それではこちらの方にお電話を繋ぎます!












 

 

f:id:sizaemon:20190326191806j:plain





















f:id:sizaemon:20190326191944j:plain