へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム&クソ日記。04年12月開設のブログを18年にこちらに移管しました。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

【雑記】ゲームを楽しむ為のゲームとの付き合い方

「ゲーム初心者だけど勝てないしつまんねえ」という話が、忘れた頃にタイムライン上にもりもり湧いてくるこの頃。

僕も過去某ATCGを五、六千試合やっていたクチなので「ゲームなんか負けたら基本的にはつまんねえモン」という気持ちを少し理解しているつもりなんですけど、ゲームやってて楽しいつまんないみたいなのを意識し出すようになったら、まず自分がゲームをやる上で「どこが面白いからやっているのか?」という部分に向き合う事も重要なんじゃないかなぁって思ったりもするんですよね。

初めから楽しむ目的が「勝利」だったら、まあその目的が達成されなかったらつまんねえんですし。慣れないジャンルとか初挑戦ジャンルで、そこがいきなり目的地だと、割と心折れやすいと思うんですよね。何か小目的みたいなのを設定して、細かく手応えを感じられるように自ら工夫した方が楽しめるような気がします。

一番いいのは、遊んでて"何が面白い?何故つまらない?"みたいに考え出すようにならないのが理想的な状態なんじゃねえかなあと考えますけど。つまりなんかもうそのコンテンツに触れてるだけで面白い、ストレス解消になる、画面見てるだけで楽しい、というのが最強状態には違いないはずなので。

人間って(超絶広範囲主語)歳を重ねるにつれて、価値観が複雑になっていくはずので、この最強状態の維持はかなり難しいんですが、遊びであるはずのゲームに触れていて小難しい事を考えなきゃやってられなくなった時、そういう気持ちを思い出していきたいものです。