へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム雑日記。ライブドアブログから移転してきて日が浅いです。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

僕と父とメタルマックス

僕にはゲームの中で特に贔屓にしているシリーズが二つあります。

一つは女神転生シリーズで、もう一つがこの度新作が発売されるメタルマックスです。
どちらも父が愛してやまなかったシリーズで、父が遊び終わるとお下がりで遊ばせて貰っていました。

父はRPGをプレイする時、きまって「マッコイ」という名前を主人公にエントリーしてプレイしていました。

由来は覚えていませんが、映画俳優だかミュージシャンかなんかだと教わった気します。

小さい頃の僕は、何かと厳しく威圧的な父がとても苦手で、テストの成績が悪かった時などは心の底から怯えてテスト用紙を見せる始末でした。

なので父がRPGのキャラに付ける「マッコイ」という名前も生理的に受け入れる事が出来ず、父の背中越しにゲーム画面のその名前を見る時は少しだけ息苦しい気持ちになっていました。

今では父があの時厳しかった理由も分かってきた気がしますし、不肖の息子の人生相談にいつも深い懐で接してくれてとても感謝しています。

十年以上前は高めの難易度で知られる「真・女神転生III」を手早くクリアしていた父も程々に老い、数年前からついにゲームを遊ばなくなってしまいました。

父が操作していた「マッコイ」はたくさんの世界を救ってきましたが、今ではもうゲーム画面にその姿を見せる事は無くなったのです。

成人して、父に対してのわだかまりが氷塊していた僕は、いつしか自分が操作するキャラに「マッコイ」と名付けるようになっていました。

学生の頃は主人公や仲間に自分やら身近な人の名前を入力して遊んでいた僕ですが、段々とそういった名付けがなんとなく面映ゆくなり、気が付けば父がプレイしていた主人公の名前を借りるようになっていたのです。

明日ついに発売するメタルマックス新作が主人公の名前を変えられる仕様ならば
また「マッコイ」に荒野の世界を旅して貰おうと思います。

僕は人生をどう全うするべきだとか、かくあるべき生き方とか、そういったあまり難しい事は分かりませんが、大好きなゲームの新作が遊べるだけで、なんとなくこの世に生を受けて良かったなといつも思います。

それが一時期存続が危ぶまれたシリーズであれば尚更です。