へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーム&クソ日記。04年12月開設のブログを18年にこちらに移管しました。名前が長いので「へげ貴族」とでも呼んでください。

D2メガテンは女神転生の系譜に連なるか?


こんばんはたくまゃんです。
飯食ってる時以外はD2の事考えてるんじゃないかってくらいハマってます。

非常に面白いんですが女神転生シリーズとしては見過ごせない箇所も多く、生粋のシリーズファン間の様々な反応もツイッターで目にする事があります。
僕なりにそのあたりについて書いてみたいなと思ったのでちょっと書き連ねていきます。偉そうですみません。

 

【率直に感じたこと】
本作は女神転生が持つ要素をソーシャルゲームという仕組みに落とし込んだものとしては非常に良く出来た作品であると思います。

本作で指摘される欠点、問題点の殆どはソーシャルゲームのマネタイズという宿命」に起因するものであり、そしてその仕組みの中でなんとか苦慮しながらシステムを築き上げてきたであろうという努力の跡が見られます。
(※女神転生独自要素以外の部分(主に育成等)は、スマホゲーム「サマナーズウォー」に類似しており、この点については比較的違和感なくゲームに親和の結びつきがあるので割愛)

 

但し、やはりその仕組みが女神転生ユーザーがシリーズに求めているものとは乖離しているんじゃないかなぁと思います。あとシナリオ。
本当に仕方ない部分かもなぁと思うし、儲からなきゃサービスは継続できねえんだよ!という中の人の苦労も汲んであげたいですが仕方ないで済ませてゲームを全肯定ってのも変な話なので、具体的に女神転生としてどうなんでしょ?という点を一つずつ書いていきます。


【悪魔入手関連】
1.多くのプレイヤーが実際にタッチできる悪魔の少なさ
本作には160種類の悪魔が存在していますが、実際にプレイヤーが触れる事のできる悪魔は実質100種類前後といっても良いでしょう。
内訳としては星5悪魔が23種類、星4悪魔が37種類存在するため残りが100種類となります。
星5の悪魔はシステム上合体で入手できる事になっているものの、ガチャ以外では実質入手不可能という調整です。

(当初絶対に入手不可能と掲載させて頂いておりましたが、アウラゲート深層にて1時間あたり2,3万稼げる人がおりましたので訂正しました。一握りのプレイヤーではありますが絶対というわけではないですね…)

そして星4の悪魔も合体で作れるとはいえ、リリースから本日までマメにプレイしてきたユーザーでさえ合体で入手できるのは良くて1体。一握りの廃人で2~3体でしょう。

これは合体に必要なMAGというリソースの要求量が高すぎる故の問題です。
一度イベントで300,000MAGが配布され、その他実績報酬等で散発的に1000~4000程度のMAGが配られていますが、クエストやダンジョンで手に入るMAGはこれよりはるかに少ない状態です。
リリースから本日までに貯まるであろうMAGは平均的なプレイヤーであれば400,000前後ではないかと推測します。

星5の作成には3,000,000MAG、星4には300,000MAGが必要な事からも高レアの悪魔にはほぼタッチできないのが実情です。
この数字は一段下のレアリティの悪魔同士を素材にした値であり、同レアリティ内の高グレード悪魔を作るにはさらに下積みの合体が必要=実際の要求MAGはさらに多い。という状態。

リリースから日が浅いこともあり、高レアの悪魔が現段階でバンバン手に入ってもそれはどうなのか…という気持ちはありますが。
それを差し置いても存在する悪魔の1/3が高レアで触り辛い(一部は全く触れない)というのは編成の自由度に影を差してしまっているのかなと考えます。

 

2.上述の問題に密接してくるガチャ排出率
上で述べた通り、60種類の高レアに庶民がほぼタッチできない状況ですが、それにも関わらずガチャ排出率は星5が0.5%で星4が5%という激辛刀削麺
レートも他のソーシャルゲームに比べると高めの設定でこの60種の悪魔は本当に手に入り辛いのです。

プロデューサーレターではガチャゲーではなく、頑張れば高レアの悪魔も手に入る仕様になっていると発表していますが300万MAGという実質手が届かない数字に「努力次第」という言葉に類似した表現を使うのは如何なものだろうと思ってしまったり。
育成の本質を紐解くとガチャゲーと決めるには早計である良く出来たシステムを取ってはいるのですが、現状自由度の高い育成を実現するためにはそれなりの金額を投資しなければなりません。

例えば毎月イベントで100万MAGくらい手に入るので三か月頑張ればご褒美で星5一体、って塩梅なら理解はできるのですが。

 

悪魔入手関連のまとめ

女神転生ユーザーとして色々な悪魔で遊びたい。

お気に入りの一体と連れ添いたい。

という欲求を上で述べた二点が邪魔してしまっていると感じます。


【シナリオ関連】
自分も長年シリーズに親しんできましたが一言で女神転生らしさを表せと言われても中々難しかったりします。

あえて表現させて貰うと「救いはないが希望がある」そして「希望はないが救いがある」そんな物語が描かれてきたのではないでしょうか。
外面を端的に表すと「悪魔に翻弄される人間の物語」となりますが。

真・女神転生SFCシリーズの総括ファンブック(正式名失念しましたごめんなさい)で読んだ「道徳よりも背徳があり、高揚よりも安堵がある」とゲームの雰囲気を表した一節も強く心に残っています。

それらを踏まえてシナリオ面にも目を向けてみましょう。
D2メガテンには女神転生らしい最もたるものが一つ欠けてしまっています。
それは人類に害を成し運命を弄ぶ悪魔側の描写です。

このゲームは二つの組織が行使する武力として、戦いのツールとして以上に悪魔の描写が一切ありません。
思うままに暴れてやろうとか、人間界を乗っ取ってやろうとか、貶められた神性を取り戻し再び威光を示す為に暗躍しようとか、そういった悪魔が少しもお話に絡んでこないのです。

これはシリーズを通して悪魔が人間の運命を弄ぶ様子を描いてきた作品としては致命的な欠点ではないかと思います。
見方を変えて、悪魔の"出現"が人間の運命を弄ぶストーリーとすれば違和感は少なくはなりますが。

現在配信中のストーリーでは、物語の最後に地球が意志を持つといういわゆるガイア理論への言及があり、これは過去作(SJ)でも語られたテーマであるので
非常に興味深い展開を見せてくれるかもしれないという期待はあります。

しかし現状では「説明不足で性急な展開」「背徳的であるのではなく単純にモラルが欠如しているように見えてしまうキャラ描写」「社会風刺発言がしばしば出てくるがキャラの背景が掘り下げられていないため説得力がない」三点が非常に目立ちます。

これにより女神転生シリーズとしてストーリーの続きが読みたいという気持ちが起こりづらく、ストーリーの敵も中々に強力なためお話を読む為に悪魔を育成していくというモチベーションに繫がらないところはとても惜しいです。

 

【キャラクター造形】
それに伴って、キャラクター造形も非常に記号的・ラノベ的です。
それ自体が悪い事ではありません。そこからの掘り下げが殆ど無いことが一番の問題です。
これらは全てテキスト量の少なさが原因だと思います。

今のところメガキン、ミートバルーンの二名は「根幹が設定的に分かりやすい」という部分に助けられ、キャラクター性の芯を理解しやすいです(動画投稿者というキャラクター付けがされ人々の為に活動するLIGHT属性の体現者メガキン、元傭兵であり他キャラには出来ないヨゴレ仕事全てを遂行可能で発言も丸ごとCHAOS属性のミートバルーン、と考えると女神転生的にも納得)。しかし他のキャラクターは描写が不足しており、付与された記号以上のキャラクターをまだまだ発揮できる余地があると思います。

これもリリース直後の序章という点でつっこむべきところではないのかもしれませんし、この塩梅がむしろ分かり易くてちょうど良いしむしろ魅力的に見える。というプレイヤーも自分の周りにはいらっしゃいました。

外伝作品ではありますが初めて女神異聞録ペルソナが出た頃とP3が出た頃には作風の違いに戸惑うメガテンユーザーも多かった事が当時の記憶に残っていますから、これも時代に合わせたより広い受け皿への変化と考える事ももちろん出来ます。


【D2メガテン女神転生の系譜に連なるか?】
総まとめとして
・自由な悪魔合体と育成をソシャゲシステムが阻害しており、この点を求めていたユーザーには歯痒い
・シリーズに密接に関わる悪魔の描写、思惑が存在しない(現在配信の物語までは)

主にこちらの二点が僕が「女神転生らしくないなぁ」と感じるところです。
序文で書いた通り、ソシャゲのシステムとして仕方ないところかなぁとは思いますが。

同時に僕がめちゃめちゃ評価しているのは
・悪魔の編成とスキルを考えて挑む戦術性のあるバトル
・ダンジョンや対人戦など様々なコンテンツを見据えて育成を進める戦略性
の二点であり、この二点がとても奥深いだけにズブハマりの日々を過ごしています。


"らしくない点"を今回は敢えて書かせて貰いましたが、僕は少しでも多くの人にD2を触って貰いたいという気持ちがあります。

真3とかのモデルの使い回しじゃなくて明らかに綺麗になってる3Dの悪魔動くのほんと感動しますよ。見てほしい、元気に動き回って●頭から舌をベロベロしながら突っ込んでくるマーラ様とかを。

プレイして合わなくてすぐやめても全然いいです。

そしたら後で全然メガテンぽくなかったなぁあのゲームって思い出してほしいです。
よかったらもっと遊んでもらってそういえば色々言われてるほど悪くねえじゃんつうか面白かったって思い出してほしいです。
そして出来れば面白いと思う限りずっと続けてもらっていつかデュエルで戦って感想とか色々言い合いたいです。


合体によるMAG消費の問題は運営も把握していて改善の旨をお知らせに表示してくれていますので良い方向に進んでくれることを祈っています。
ユーザーの意見をすぐに汲み取ってくれているフットワークの軽さは期待できるんじゃないかなあって思っています。


意味深なタイトルで偉そうな記事を書いてしまいましたが、プレイヤー一人ひとりにその回答はあるでしょう。
長文にお付き合い頂いてありがとうございました。


今後もD2の記事いっぱい書いていきま~~す。