へたれゲーム貴族の躁鬱

ゲーマーの雑文記。テキストサイト時代の生き残り。

19ノ夜

1986年1月27日01:29分を持って俺が生まれました

おかんの股間から俺がオギャーと突出したわけです


嫌な表現だな考えたくねぇな




・・・ということで今日で19歳☆
俺、もう、19歳☆  年とりたくねぇ


年を取るのが嫌なのには理由がある
年を取るにつれて、それなりの振る舞いと、常識知識と、社会適応力が求められ、
年相応の能力に達してなくともそう見られ、年齢相応の能力が無いと判断された場合には蹴られ、干されるから。

まぁ、こんなのは当然なんだけどもうひとつ決定的なものが
それは「若いのに考えてるね」

俺はこのセリフをかけられるのが何より大好きだったからだ!


小学~中学生の頃の俺は意識が世間から半歩ズレてて
捻た考えにふけるのが大好きだった
クラスでは馬鹿騒ぎして同級生と同調する反面
絶対他の人間は大して物事考えたりしてねぇよな~とか思ってた

皆が友達と外に遊びに行ってる間、一人で一通りのない空き地とかを見つけては
日が暮れるまで色々考えふけって、
こんなところで一人で思案にふける時間なんかみんな持ってないよな~
そんな風に考えたり、読書感想文で作品考察とかしてみたり、わざわざ難しい表現で書いてみたり

大人達から「若いのにしっかりした意見を持っている」って言われるのが好きだった
普段は同級生とプギャプギャ騒いでるバカなのに、
意見を言わせると踏み込んだ事に突っ込んでくるような、
そんなギャップを大人達に見せるのが好きだった



もう17とか18になったらわかってきたけど
世の中には俺より年下でもしっかりとした意見や考えの人が沢山いるし
俺じゃあ同年代のちょっと頭柔らかい奴とやりあうと口喧嘩じゃあ勝てないだろう
19にもなれば、しっかりとした意見を言えて、良く思案し、それでいて自分なりのちょっと周囲とは違った考えが言えたり持ってたりする
そんなのはアタリマエなわけで。

15,6なら「一歩進んだ青年」だったのに
19なら「あくまで普通の青年」
そういう風に認識が移項していくのが悲しいということ

18歳の時、入手したパソコンで、ネット上で議論スレとか色々な場所で口喧嘩を何度したことかわからない
それで分かったけどやっぱ世の中の奴、俺なんかより全然つええのがごろごろいる

悔しくて朝まで張り付いて、論破して撃破するまで・・・それをずっと続けた。


半年やってたらソレ、疲れた
何より自分より年下なのに、すげえ的確な意見で攻撃してくるやつとかに敗北したときはもう悔しさどころか自分が惨めだった

俺なりに読書とかして、色々考えて、論力みたいなレベルをあげてても
俺はさまようよろいくらいにしか成長できなくて、
世の中にいるドラゴンとかキラーマシンとか、時にはあくましんかん級のやつにボコボコにされる

ベホマを唱えられるスライムになりたかった
小学生、中学生とかで若いのに、的確な意見で相手をねじ伏せ、悔しがらせるのが好きだった

いつの間にか俺はベホマが唱えられて当然のキングスライムになっている
そしてイオナズンやらギガスラッシュを放ってくる若手には手も足も出ない
俺の代わりに今度はそういった若手が褒め称えられる

キングスライムでもマダンテが使えれば凄い
だが、そこまでの修練をやる気は今の俺にはない

だから若いのに 俺より強い奴がすごくすごく羨ましい───

まぁ、
見ていて中学生・高校生の若手の的確な意見は楽しい
自分がその年齢だった当時持ってなかった考え方を持っているからだ
こういうのは今の自分にも十分に刺激になるのだよ


でも生理的に真剣十代しゃべり場は好きじゃないけどな


19にもなったら若いのに賢いこというねぇ~なんて褒められる年齢でもなさそうだし、
なにより19歳として相手を感服させられる物言いが出来るとは思わない
なまじ小防の頃は出来たから悔しいわけだが。


なんか言いたい事ぐだぐだ言っててまとまらないけど、強引にまとめると
歳とったらその歳相応の「色々」を持ってないといけない感じがするのがイヤだからかな
でもそれから逃避してたらそれこそ社会のチンカス(例 成人式のアホ)になるわけで。


本当は19としてではなく、俺として俺らしい振る舞いが出来れば良いと思う
もちろんそれは俺なりに考えられる良識の範囲で。







最近の決定的パンチは
3つ年下のギルメン「マスター、本当の18禁しってる?」と言われた事


てっきり大学生かと思ったギルメン(ROの)が実は高校生で
その歳でそこまでエロゲに精通してるとか思わなかった_| ̄|○


怖い 怖すぎ 日本怖い!






独り言

そろそろ親以外の人から誕生日を祝ってほしい
19年生きてきて・・・一度も・・・_| ̄|○ヘタレユウウツ